【宅建過去問】(平成29年問14)不動産登記法


不動産の登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。
  2. 地上権の設定の登記をする場合において、地上権の存続期間の定めがあるときは、その定めも登記事項となる。
  3. 賃借権の設定の登記をする場合において、敷金があるときであっても、その旨は登記事項とならない。
  4. 事業用定期借地権として借地借家法第23条第1項の定めのある賃借権の設定の登記をする場合、その定めも登記事項となる。

正解:3

1 正しい

建物の表示に関する登記の登記事項として、「建物の名称があるときは、その名称」が挙げられています(不動産登記法44条1項4号)。

■類似過去問
内容を見る
不動産登記法[02]2(1)
建物の表示に関する登記の登記事項
 年-問-肢内容正誤
129-14-1建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。
211-12-3建物は、必ずしも土地に定着していることを要しないので、容易に運搬することができる切符売場・入場券売場も、建物の表示の登記をすることができる。×
311-12-4建築工事中の建物については、切組みを済ませ、降雨をしのぐことができる程度の屋根をふいたものであれば、周壁を有しなくても、建物の表示の登記をすることができる。×
405-16-2建物の表示に関する登記において、建物の種類は、建物の主たる用途により、居宅、店舗、事務所等に区分して定められる。

2 正しい

地上権の設定の登記の登記事項として、「存続期間の定めがあるときは、その定め」が挙げられています(不動産登記法78条3号)。

3 誤り

賃借権設定の登記をする際の登記事項として、「敷金があるときは、その旨」が挙げられています(不動産登記法81条4号)。

4 正しい

賃借権設定の登記をする際の登記事項として、「借地借家法…第23条第1項…の定めがあるときは、その定め」が挙げられています(不動産登記法81条8号。肢3の表)。


>>平成29年の問題一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です