しゅりっぺさんの合格体験記

定年前に間に合いました

お名前 しゅりっぺさん
年代 50代
御職業 金融関係
今年の得点 35点(免除なし)
受験回数 3回

 
(1)このサイトの利用方法
過去問題練習を主に利用しました

(2)当社の教材の利用方法
大事たな所はスクリーンショットで保存し 復習しました

(3)その他の勉強方法
図書館を活用しました

(4)自由記入欄
家坂先生の解説は理路整然としていて良かった 。あとは引っ掛け問題で「何との引っ掛けけか」を解説してくれたのがよかった。(借地法と借家法の引っ掛け)
得点の内訳
宅建業法16/権利関係6/法令上の制限7/税その他2/5問免除4
宅建業法はけっこう、引っ掛かりました。
直前期は「法令上の制限」に費やしました。

(合格体験記は、お送りいただいた文章のまま掲載しています。)

>>合格体験記の一覧に戻る

家坂講師から

3回目の受験での合格、おめでとうございます。
定年に間に合ってよかったですね。

家坂先生の解説は理路整然としていて良かった 。あとは引っ掛け問題で「何との引っ掛けけか」を解説してくれたのがよかった。

「理路整然」とは、素晴らしい褒め言葉を頂戴しました。
当社のスリー・ステップ学習法では、

  1. なぜそのような制度があるのか。
  2. 他の制度との共通点・相違点
  3. ヒッカケ・パターンのリストアップ

などを重視しています。
逆に、丸暗記や語呂合わせに頼る勉強方法は、オススメしていません。
丸暗記や語呂合わせは、最後の最後の手段としては有効です。しかし、それに依存する勉強方法は、非常にリスキー。なぜなら、本試験では、「ド忘れして思い出せない。」「◯と×を逆に思い出してしまった。」などのミスが頻繁に発生するからです。

多少は回り道に見えるかも知れませんが、「しっかり理解した上で記憶する」ことを重視すれば、トータルの学習時間を減少させることができます。

>>合格体験記の一覧に戻る

0

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「宅建受験ガイダンス」を御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です