【宅建過去問】(平成03年問33)統計

各選択肢の内容は、出題当時のままです。
受験対策用には、平成17年以降の問題(データ更新済)をご利用ください。

宅地建物取引業に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、近年の不動産ブームにより急速に増加しており、現在の業者数は建設業とほぼ同じの約50万に達している。
  2. 宅地建物取引業者についても、法人化が進み、個人業者は、現在では約3割弱である。
  3. 宅地建物取引業者は、都道府県知事免許に係るものが圧倒的に多く、建設大臣免許に係るものは、1~2パーセントに過ぎない。
  4. 宅地建物取引業者は、他産業に比べて、零細なものが多い。

正解:1


>>年度目次に戻る

0

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「宅建受験ガイダンス」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です