【宅建過去問】(平成08年問17)農地法

農地法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 市街化区域内の農地を取得して住宅地に転用する場合は、都道府県知事等にその旨届け出れば、農地法第5条の許可を得る必要はない。
  2. 市街化区域外の農地を6ヵ月間貸して臨時駐車場にする場合は、その後農地として利用するときでも、農地法第5条の許可を得る必要がある。
  3. 農地を相続により取得する場合は、農地法第3条の許可を得る必要はない。
  4. 競売により農地の買受人となった者がその農地を取得する場合は、農地法第3条の許可を得る必要がある。

正解:1

1 誤り

市街化区域内の農地を転用目的で取得する場合、あらかじめ農業委員会に届出をすることを条件に農地法5条の許可が不要になる(農地法5条1項7号)。
届出先は、知事等ではない。

■類似過去問
内容を見る
5条許可:市街化区域内の特例(農地法[04]1(2)①)
 年-問-肢内容正誤
市街化区域内
130-22-1市街化区域内の農地を宅地とする目的で権利を取得する場合は、あらかじめ農業委員会に届出をすれば農地法第5条の許可は不要である。
223-22-4市街化区域内の農地を転用目的で取得する場合、工事完了後に農業委員会に届け出ればよい。×
321-22-3市街化区域内の2haの農地を転用目的で取得する場合、知事等の許可が必要。×
420-24-4市街化区域内の4ha以下の農地を転用目的で取得する場合、農業委員会の許可が必要。×
519-25-2市街化区域内の農地を転用目的で取得する場合、農業委員会に届け出れば、許可は不要。
616-24-1市街化区域内の農地を転用目的で取得する場合、農業委員会の許可が必要。×
712-25-1市街化区域内の4ha超の農地を転用目的で取得する場合、農水大臣への届出が必要。×
811-24-3市街化区域内の4ha超の農地を農地以外のものに転用するために取得する場合、知事等に5条の届出が必要。×
908-17-1市街化区域内の農地を取得して住宅地に転用する場合、知事等に届け出れば、5条許可は不要。×
1002-26-3市街化区域内の農地を取得する場合、取得後の目的を問わず、あらかじめ農業委員会に届け出れば、許可は不要。×
1101-27-4市街化区域内の農地・採草放牧地を農地・採草放牧地以外のものにするため賃借権を設定する場合、市町村長に届け出れば、5条許可は不要。×
市街化調整区域内
123-22-3農業者が、自らの養畜の事業のための畜舎を建設する目的で、市街化調整区域内にある150㎡の農地を購入する場合は、法第5条第1項の許可を受ける必要がある。
220-24-1現況は農地であるが、土地登記簿上の地目が原野である市街化調整区域内の土地を駐車場にするために取得する場合は、法第5条第1項の許可を受ける必要はない。×
320-24-2建設業者が、農地に復元して返還する条件で、市街化調整区域内の農地を一時的に資材置場として借りる場合は、法第5条第1項の許可を受ける必要がある。
415-23-2市街化調整区域内の農地を転用目的で取得する場合、農業委員会に届け出れば、許可は不要。×

2 正しい

「6ヵ月月後には農地に戻す」という一時的な転用であるが、それでも、転用であることに変わりはない。つまり、この農地を借りる行為は、転用目的で権利移転していることになる。したがって、5条許可が必要である。

■類似過去問
内容を見る
一時的な転用(農地法[01]3(2))
 年-問-肢内容正誤
1R01-21-4農地を砂利採取地として一時的に貸付→許可は不要。×
224-22-4農地を砂利採取地として一時的に貸付→許可は不要。×
320-24-2農地を資材置場として一時的に貸付→許可が必要。
417-25-1農地を資材置場として一時的に貸付→いかなる場合も許可は不要。×
514-23-3調整区域内の農地を資材置場として6か月間貸付→許可は不要。×
610-24-2市街化区域外の農地を資材置場として一時的に貸付→許可は不要。×
708-17-2市街化区域外の農地を臨時駐車場として6ヵ月間貸し、その後農地として利用→許可が必要。
806-27-3農地を資材置場として一時的に貸付→許可は不要。×
905-26-2農地を資材置場として一時的に貸付→許可は不要。×

3 正しい

相続により農地を取得する場合や、遺産分割により取得する場合は、農地法3条の許可は不要である(農地法3条1項12号)。

■類似過去問
内容を見る
3条許可:相続・遺産分割・包括遺贈・相続人に対する特定遺贈(農地法[02]1(2)③)
 年-問-肢内容正誤
130-22-2
遺産分割により農地を取得することとなった場合、農地法第3条第1項の許可を受ける必要がある。
×
229-15-4
相続により農地の所有権を取得した者は、遅滞なく、その農地の存する市町村の農業委員会にその旨を届け出なければならない。
328-22-1
相続により農地を取得する場合は、3条の許可を要しないが、相続人に該当しない者に対する特定遺贈により農地を取得する場合も、許可を受ける必要はない。
×
425-21-4相続で取得した市街化調整区域内の農地を自己の住宅用地として転用する場合、許可が必要。
523-22-1相続の場合、許可は不要。遺産分割の場合、許可が必要。×
622-22-1相続の場合、許可は不要。農業委員会への届出が必要。
719-25-1相続により取得した市街化調整区域内の農地を住宅用地に転用する場合、許可は不要。×
815-23-4遺産分割の場合、許可は不要。
910-24-4遺産分割の場合、許可は不要。
1008-17-3相続の場合、許可は不要。
1103-27-3
遺産分割の場合、許可は不要。

4 正しい

競売で農地を取得する場合にも、農地法3条の許可が必要である。

■類似過去問
内容を見る
権利移動:競売による取得(農地法[01]3(1)①)
 年-問-肢内容正誤
127-22-4農業者が市街化区域外の農地に抵当権を設定し、競売により第三者が当該農地を取得する場合であっても、3条or5条の許可が必要。
226-21-2競売により市街化区域内にある農地を取得する場合、3条の許可は不要。×
323-22-2競売により市街化調整区域内にある農地を取得する場合、3条or5条の許可は不要。×
416-24-3競売により市街化区域外の農地の買受人となり所有権を取得しようとする場合、3条or5条の許可が必要。
508-17-4競売により農地の買受人となった者がその農地を取得する場合、3条の許可が必要。
605-26-3競売により農地の所有権を取得する場合、農地法の許可が必要。

>>年度目次に戻る

0

宅建講座(eラーニング/DVD)のご案内

ビーグッド教育企画の宅建講座をご紹介する動画です(上の画像をクリックすると再生が始まります)。
教材のお申込みやお問合せは、当社のWebストアまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です