【宅建過去問】(平成13年問50)建物に関する知識

建築材料に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 常温常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、温度上昇に伴う体積の膨張の程度(熱膨張率)は、ほぼ等しい。
  2. コンクリートの引張強度は、一般に圧縮強度の1/10程度である。
  3. 木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。
  4. 木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。

正解:3

1 正しい

鉄筋と普通コンクリートを比較すると、常温常圧における熱膨張率は、ほぼ等しい。

■類似過去問
内容を見る
鉄筋とコンクリートの相性(免除科目[04]4(4)②)
 年-問-肢内容正誤
引張強度・圧縮強度
122-50-2コンクリートの引張強度は、圧縮強度より大きい。
×
213-50-2コンクリートの引張強度は、一般に圧縮強度の1/10程度である。
熱膨張率
129-50-3常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。
222-50-1常温において鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しい。
313-50-1常温常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、温度上昇に伴う体積の膨張の程度(熱膨張率)は、ほぼ等しい。

2 正しい

コンクリートの引張強度は、圧縮強度の1/10程度で、コンクリートは引っ張りに弱いという特徴がある。

■類似過去問
内容を見る
コンクリートとは(免除科目[04]4(4)①)
 年-問-肢内容正誤
126-50-2モルタルは、一般に水、セメント及び砂利を練り混ぜたものである。×
226-50-3骨材とは、砂と砂利をいい、砂を細骨材、砂利を粗骨材と呼んでいる。
326-50-4コンクリートは、水、セメント、砂及び砂利を混練したものである。
415-50-3コンクリートは、打上がりが均質で密実になり、かつ、必要な強度が得られるようにその調合を定めなければならない。
517-49-2鉄筋コンクリート造に使用される骨材、水及び混和材料は、鉄筋をさびさせ、又はコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような酸、塩、有機物又は泥土を含んではならない。

3 誤り

 

木材の繊維方向とは、木が生えたいた状況における垂直方向をいう。
木材は、繊維方向と直交する方向から圧縮されることに弱く、逆に、繊維方向に圧縮されることには強い。
本肢は、この点が全く逆になっている。

 
■類似過去問
内容を見る
木材(免除科目[04]2(1))
 年-問-肢内容正誤
含水率と強度
130-50-1木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。
229-50-1木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。×
327-50-1木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。×
424-50-2木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や防虫対策などの影響を受ける。
522-50-3木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
615-50-2木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。×
713-50-4木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。
810-48-3木造建築物に用いる木材は、気乾状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽薗の害を受けやすい。×
圧縮と強度
113-50-3木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。×
208-22-1木材の繊維方向に直交する方向の圧縮の材料強度は、繊維方向の圧縮の材料強度よりも大きい。×
その他
118-49-2木造建築物において、構造耐力上主要な部分に使用する木材の品質は、節、腐れ、繊維の傾斜、丸身等による耐力上の欠点がないものでなければならない。
217-49-3構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講ずるとともに、必要に応じて有効な防腐措置を講じなければならない。×

4 正しい

木材の辺材とは、樹木の材の周辺部分を占めるものであり、樹木の幹の内層である心材よりも腐朽しやすい。

■類似過去問
内容を見る
木材(免除科目[04]2(1))
 年-問-肢内容正誤
含水率と強度
130-50-1木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。
229-50-1木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。×
327-50-1木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。×
424-50-2木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や防虫対策などの影響を受ける。
522-50-3木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
615-50-2木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。×
713-50-4木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。
810-48-3木造建築物に用いる木材は、気乾状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽薗の害を受けやすい。×
圧縮と強度
113-50-3木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。×
208-22-1木材の繊維方向に直交する方向の圧縮の材料強度は、繊維方向の圧縮の材料強度よりも大きい。×
その他
118-49-2木造建築物において、構造耐力上主要な部分に使用する木材の品質は、節、腐れ、繊維の傾斜、丸身等による耐力上の欠点がないものでなければならない。
217-49-3構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講ずるとともに、必要に応じて有効な防腐措置を講じなければならない。×

>>年度目次に戻る

1+

LINEアカウントで質問・相談

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを運営しています。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です