【宅建過去問】(平成20年問03)代理


AがBの代理人としてB所有の甲土地について売買契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、A自らが買主となって売買契約を締結したときは、Aは甲土地の所有権を当然に取得する。
  2. Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、AがCの代理人となってBC間の売買契約を締結したときは、Cは甲土地の所有権を当然に取得する。
  3. Aが無権代理人であってDとの間で売買契約を締結した後に、Bの死亡によりAが単独でBを相続した場合、Dは甲土地の所有権を当然に取得する。
  4. Aが無権代理人であってEとの間で売買契約を締結した後に、Aの死亡によりBが単独でAを相続した場合、Eは甲土地の所有権を当然に取得する。

正解:3

甲土地の所有者Bを本人、Aを代理人として、土地の買主との売買契約を締結するという構造が前提である。

20-03-0

1 誤り

20-03-1代理人であるA自らが買主となって売買契約を締結することを自己契約という。自己契約が可能となるのは、本人が予め許諾した場合に限られる(民法108条)。
本肢では、本人Bの許諾があったという条件は与えられていない。したがって、「Aは甲土地の所有権を当然に取得する」わけではない。

■類似過去問(自己契約・双方代理)
内容を見る
民法[04]5
自己契約・双方代理

 年-問-肢内容正誤
124-02-3売主・買主の承諾があれば、双方代理は有効。
222-02-4売主・買主の承諾があれば、双方代理は有効。
321-02-4売主に損失が発生しなければ、売主・買主双方の代理が可能。×
420-03-1売主から書面で代理権を与えられていれば、自己契約が可能。×
520-03-2売主から書面で代理権を与えられていれば、売主・買主双方の代理が可能。×
612-01-3本人の同意がなければ、自己契約は不可能。
708-02-1登記申請について、買主の同意があれば、売主の代理人が、売主・買主双方を代理できる。
803-03-3本人の同意がなければ、自己契約は不可能。
903-03-4本人・相手方の同意があれば、双方代理が可能。
1002-05-2売主の代理人が売主に隠れて当該土地の売買について買主からも代理権を与えられていた場合は、当該契約は効力を生じない。

2 誤り

20-03-2

Bの代理人であるAが、Cの代理人ともなることを双方代理という。双方代理が可能となるのは、本人が予め許諾した場合に限られる(民法108条)。
本肢では、B・Cの許諾があったという条件は与えられていない。したがって、「Cは甲土地の所有権を当然に取得する」わけではない。

■類似過去問(自己契約・双方代理)
内容を見る
民法[04]5
自己契約・双方代理

 年-問-肢内容正誤
124-02-3売主・買主の承諾があれば、双方代理は有効。
222-02-4売主・買主の承諾があれば、双方代理は有効。
321-02-4売主に損失が発生しなければ、売主・買主双方の代理が可能。×
420-03-1売主から書面で代理権を与えられていれば、自己契約が可能。×
520-03-2売主から書面で代理権を与えられていれば、売主・買主双方の代理が可能。×
612-01-3本人の同意がなければ、自己契約は不可能。
708-02-1登記申請について、買主の同意があれば、売主の代理人が、売主・買主双方を代理できる。
803-03-3本人の同意がなければ、自己契約は不可能。
903-03-4本人・相手方の同意があれば、双方代理が可能。
1002-05-2売主の代理人が売主に隠れて当該土地の売買について買主からも代理権を与えられていた場合は、当該契約は効力を生じない。

3 正しい

20-03-3

無権代理において、本人が死亡して無権代理人が単独でこれを相続した場合、その無権代理は相続によって当然に有効となり、無権代理人は本人の地位で追認拒絶をすることはできないとするのが判例である(最判昭40.06.18)。
したがって、本肢ではDは甲土地の所有権を当然に取得する。

■類似過去問(無権代理と相続)
内容を見る
民法[05]4
無権代理と相続

 年-問-肢内容正誤
無権代理人が本人を単独相続した場合
124-04-2本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理人は追認拒絶が可能。×
220-03-3本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
305-02-4本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
本人が無権代理人を単独相続した場合
124-04-3無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。
220-03-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。×
316-02-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。相手方は善意無過失であれば、本人に対し損害賠償請求が可能。
無権代理人が本人を共同相続した場合
124-04-4本人が死亡し無権代理人が共同で相続した場合、他の相続人が追認しない限り、無権代理人の相続分についても当然有効にはならない。
216-02-3本人が死亡し無権代理人が共同相続した場合、無権代理人の相続分については当然有効となる。×

4 誤り

20-03-4無権代理において、無権代理人が死亡して本人が単独でこれを相続した場合、その無権代理は相続によって当然に有効となるわけではなく、本人は追認拒絶をすることができるとするのが判例である(最判昭37.04.20)。
したがって、本肢ではEは甲土地の所有権を当然に取得できるわけではない。

■類似過去問(無権代理と相続)
内容を見る
民法[05]4
無権代理と相続

 年-問-肢内容正誤
無権代理人が本人を単独相続した場合
124-04-2本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理人は追認拒絶が可能。×
220-03-3本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
305-02-4本人が死亡し無権代理人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。
本人が無権代理人を単独相続した場合
124-04-3無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。
220-03-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、無権代理行為は当然有効となる。×
316-02-4無権代理人が死亡し本人が単独で相続した場合、本人は追認拒絶が可能。相手方は善意無過失であれば、本人に対し損害賠償請求が可能。
無権代理人が本人を共同相続した場合
124-04-4本人が死亡し無権代理人が共同で相続した場合、他の相続人が追認しない限り、無権代理人の相続分についても当然有効にはならない。
216-02-3本人が死亡し無権代理人が共同相続した場合、無権代理人の相続分については当然有効となる。×

>>年度目次に戻る

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo