【宅建過去問】(平成21年問03)消滅時効


Aは、Bに対し建物を賃貸し、月額10万円の賃料債権を有している。この賃料債権の消滅時効に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. Aが、Bに対する賃料債権につき支払督促の申立てをし、さらに期間内に適法に仮執行の宣言の申立てをしたときは、消滅時効は中断する。
  2. Bが、Aとの建物賃貸借契約締結時に、賃料債権につき消滅時効の利益はあらかじめ放棄する旨約定したとしても、その約定に法的効力は認められない。
  3. Aが、Bに対する賃料債権につき内容証明郵便により支払を請求したときは、その請求により消滅時効は中断する。
  4. Bが、賃料債権の消滅時効が完成した後にその賃料債権を承認したときは、消滅時効の完成を知らなかったときでも、その完成した消滅時効の援用をすることは許されない。

正解:3

1 正しい

支払督促とは、債権者が簡易な方法で弁済を求めることのできる手続です(民事訴訟法382条以下)。支払督促が債務者に送達された場合、申請の時点で時効中断の効力が発生します。ただし、仮執行の申立てをしないことにより、支払督促が効力を失ったときは、時効中断の効力を生じません(民法150条)。
逆にいえば、支払督促の申立てをし、さらに期間内に適法に仮執行の宣言の申立てをしたときは、消滅時効が中断します。

※支払督促については、気にしないのが得策です。宅建では、今回のパターンの出題しか考えられません。気になる人には、裁判所サイトの図解説明がオススメです。
●支払督促|裁判所

2 正しい

時効の利益は、あらかじめ放棄することができません(民法146条)。
したがって、「消滅時効の利益はあらかじめ放棄する旨約定した」としても、法的効力は認められません。

■類似過去問
内容を見る
時効の効力(民法[07]4)
 年-問-肢内容正誤
時効の効力
129-02-1
Aの所有する甲土地をBが時効取得した場合、Bが甲土地の所有権を取得するのは、取得時効の完成時である。×
時効の援用
130-04-1
消滅時効完成後に主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は時効を援用することができる。
230-04-2後順位抵当権者は、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができる。×
330-04-3詐害行為の受益者は、債権者から詐害行為取消権を行使されている場合、当該債権者の有する被保全債権について、消滅時効を援用することができる。
412-02-1
物上保証人は、主たる債務者の消滅時効を援用できる。
509-04-3
物上保証人は、債権の消滅時効を援用して債権者に抵当権の抹消を求めることができる。
時効の利益の放棄
130-04-1消滅時効完成後に主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は時効を援用することができる。
221-03-2賃借人が、賃貸人との建物賃貸借契約締結時に、賃料債権につき消滅時効の利益はあらかじめ放棄する旨約定したとしても、その約定に法的効力は認められない。

3 誤り

内容証明郵便による支払い請求は、催告に該当します。したがって、6か月以内に、裁判上の請求等、より強力な請求手段をとらなければ、時効中断の効力を生じません(民法153条)。
つまり、内容証明郵便により請求しただけでは、消滅時効を中断することができないわけです。

※催告から6か月以内に裁判上の請求等の手段をとった場合には、催告のときに時効が中断されたことになります。

■類似過去問
内容を見る
時効の時効中断:催告(民法[07]5(2))
 年-問-肢内容正誤
121-03-3内容証明郵便による請求だけで、消滅時効が中断する。×
201-02-2訴えの提起前6か月以内に催告しても、時効が中断されるのは訴え提起のときである。×

4 正しい

債務者による債務の承認時効の中断事由に該当します(民法147条3号)。
しかし、本肢の債務については既に消滅時効が完成しています。時効完成後に、債務者がその事実を知らずに債務の承認をした場合、時効は中断するのでしょうか。債務者は、消滅時効を援用して、債務を免れることができなくなるのでしょうか。
判例は、債務者が時効の完成を知らずに債務を承認した場合でも、その後、債務者は、消滅時効を援用することができないとしています(最判昭41.04.20)。いわば、援用権を喪失させるわけです。債務者が債務を承認すれば、債権者は、債務の弁済を期待します。その後になって消滅時効を援用することは、信義則に反する行為です。この理由から、援用権を喪失させています。

■類似過去問
内容を見る
時効の中断事由:承認(民法[07]5(2))
 年-問-肢内容正誤
130-04-4債務者が時効の完成の事実を知らずに債務の承認をした場合、その後、債務者はその完成した消滅時効を援用することはできない。
221-03-4消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない。
317-04-4消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない。
412-02-2物上保証人が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、当該債務の消滅時効の中断の効力が生じる。×
512-02-3主債務者が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、物上保証人は、当該債務の消滅時効の中断の効力を否定することができない。
607-03-4債務の承認をした場合、債務者が被保佐人であって、保佐人の同意を得ていなくても、時効中断の効力を生じる。

>>年度目次に戻る

LINEアカウントを開設しました。

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを開設しました。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です