【宅建過去問】(平成22年問10)遺言

遺言に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 自筆証書遺言は、その内容をワープロ等で印字していても、日付と氏名を自署し、押印すれば、有効な遺言となる。
  2. 疾病によって死亡の危急に迫った者が遺言する場合には、代理人が2名以上の証人と一緒に公証人役場に行けば、公正証書遺言を有効に作成することができる。
  3. 未成年であっても、15歳に達した者は、有効に遺言をすることができる。
  4. 夫婦又は血縁関係がある者は、同一の証書で有効に遺言をすることができる。

正解:3

1 誤り

自筆証書遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書(手書き)し、これに印を押す必要があります(民法968条1項)。内容をワープロ等で印字したのでは無効です。

※財産目録の作成には、手書きするのではなく、パソコン等を使用することができます(同条2項前段)。ただし、各ページに署名と捺印をする必要があります(同項後段)。

■類似過去問
内容を見る
自筆証書遺言(民法[32]2(1)①)
 年-問-肢内容正誤
127-10-1自筆証書の内容を遺言者が一部削除する場合、遺言者が変更する箇所に二重線を引いて、その箇所に押印するだけで、一部削除の効力が生ずる 。×
227-10-2自筆証書による遺言をする場合、遺言書の本文の自署名下に押印がなければ、自署と離れた箇所に押印があっても、押印の要件として有効となることはない 。×
322-10-1自筆証書遺言の内容をワープロ印字可能。×
417-12-1自筆証書遺言には証人二人以上の立会いが必要。×

2 誤り

疾病などの事由で死亡の危急に迫った者が遺言をする場合、証人3人以上の立会いのもとで、そのうちの一人に遺言の趣旨を口授するという方法を使うことができます(緊急時遺言。民法976条1項)。
「2名以上の証人」では人数不足です。また、緊急時の話ですから、公証人役場に出向いて、公正証書遺言をする時間的余裕はありません。

3 正しい

未成年であっても、15歳に達した者は、有効に遺言をすることができます(民法961条)。
法定代理人の同意を得るなどの手続は、不要です。

■類似過去問
内容を見る
遺言能力(民法[32]1(3))
 年-問-肢内容正誤
122-10-315歳に達すれば、有効に遺言可能。
211-01-415歳に達すれば、父母の同意がなくても遺言可能。
304-13-115歳に達すれば、法定代理人の同意がなくても遺言可能。

4 誤り

遺言は、2人以上の者が同一の証書ですることができません(民法975条)。これを共同遺言の禁止といいます。


>>年度目次に戻る

2+

宅建講座(eラーニング/DVD)のご案内

ビーグッド教育企画の宅建講座をご紹介する動画です(上の画像をクリックすると再生が始まります)。
教材のお申込みやお問合せは、当社のWebストアまで。

【宅建過去問】(平成22年問10)遺言” に対して2件のコメントがあります。

  1. FOD より:

    肢2の解説で、
    ※「2名以上の証人」では足りない。「2名以上の証人」では足りない。
    と繰り返しています。

    0
    1. 家坂 圭一 より:

      記述のダブリを削除しました。
      御指摘ありがとうございます。

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です