【宅建過去問】(平成22年問21)土地区画整理法

土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 施行地区の土地についての土地区画整理事業は、都市計画事業として施行されることから、これを土地収用法第3条各号の一に規定する事業に該当するものとみなし、同法の規定を適用する。
  2. 宅地について所有権を有する者は、1人で、又は数人共同して、当該権利の目的である宅地及び一定の区域の宅地以外の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
  3. 宅地について所有権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
  4. 国土交通大臣は、施行区域の土地について、国の利害に重大な関係がある土地区画整理事業で特別の事情により急施を要すると認められるもののうち、国土交通大臣が施行する公共施設に関する工事と併せて施行することが必要であると認められるものについては自ら施行することができる。

正解:1

1 誤り

土地区画整理事業のすべてが都市計画事業として施行されるわけではありません。都市計画事業として施行されるのは公的施行の場合に限られるのです。そして、土地区画整理事業が土地収用法上の事業とみなされるのは、都市計画事業として施行される場合に限られます(都市計画法69条)。
本肢は、「土地区画整理事業は、都市計画事業として施行される」という記述が誤っています。

■類似過去問
内容を見る
土地区画整理事業と都市計画事業の関係(区画整理法[01]2)
 年-問-肢内容正誤
122-21-1施行地区の土地についての土地区画整理事業は、都市計画事業として施行されることから、これを土地収用法第3条各号の一に規定する事業に該当するものとみなし、同法の規定を適用する。
×
212-21-4都道府県が施行する土地区画整理事業は、すべて都市計画事業として施行される。

2 正しい

(肢1の表参照。)
宅地について所有権を有する者は、1人で、又は数人共同して、当該権利の目的である宅地及び一定の区域の宅地以外の土地について土地区画整理事業を施行することができます(土地区画整理法3条1項)。これを個人施行といいます。

■類似過去問
内容を見る
施行者による分類(区画整理法[01]2)
 年-問-肢内容正誤
個人施行
122-21-2宅地について所有権を有する者は、1人で、又は数人共同して、当該権利の目的である宅地及び一定の区域の宅地以外の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
207-27-1個人施行の場合、施行地区となるべき区域内の宅地について借地権を有する者の同意を得られないときは、その旨の理由を記載した書面を添えて土地区画整理事業の施行の認可を申請することができる。×
組合施行
122-21-3宅地について所有権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
219-24-3宅地について所有権又は借地権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
国交大臣施行
122-21-4国土交通大臣は、施行区域の土地について、国の利害に重大な関係がある土地区画整理事業で特別の事情により急施を要すると認められるもののうち、国土交通大臣が施行する公共施設に関する工事と併せて施行することが必要であると認められるものについては自ら施行することができる。

3 正しい

(肢1の表参照。)
宅地について所有権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができます(土地区画整理法3条2項)。これを組合施行といいます。

■類似過去問
内容を見る
施行者による分類(区画整理法[01]2)
 年-問-肢内容正誤
個人施行
122-21-2宅地について所有権を有する者は、1人で、又は数人共同して、当該権利の目的である宅地及び一定の区域の宅地以外の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
207-27-1個人施行の場合、施行地区となるべき区域内の宅地について借地権を有する者の同意を得られないときは、その旨の理由を記載した書面を添えて土地区画整理事業の施行の認可を申請することができる。×
組合施行
122-21-3宅地について所有権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
219-24-3宅地について所有権又は借地権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
国交大臣施行
122-21-4国土交通大臣は、施行区域の土地について、国の利害に重大な関係がある土地区画整理事業で特別の事情により急施を要すると認められるもののうち、国土交通大臣が施行する公共施設に関する工事と併せて施行することが必要であると認められるものについては自ら施行することができる。

4 正しい

国土交通大臣は、施行区域の土地について、国の利害に重大な関係がある土地区画整理事業で災害の発生その他特別の事情により急施を要すると認められるもののうち、

  1. 国土交通大臣が施行する公共施設に関する工事と併せて施行することが必要であると認められるもの
  2. 都道府県若しくは市町村が施行することが著しく困難若しくは不適当であると認められるもの

については自ら施行することができます(土地区画整理法3条5項)。

■類似過去問
内容を見る
施行者による分類(区画整理法[01]2)
 年-問-肢内容正誤
個人施行
122-21-2宅地について所有権を有する者は、1人で、又は数人共同して、当該権利の目的である宅地及び一定の区域の宅地以外の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
207-27-1個人施行の場合、施行地区となるべき区域内の宅地について借地権を有する者の同意を得られないときは、その旨の理由を記載した書面を添えて土地区画整理事業の施行の認可を申請することができる。×
組合施行
122-21-3宅地について所有権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
219-24-3宅地について所有権又は借地権を有する者が設立する土地区画整理組合は、当該権利の目的である宅地を含む一定の区域の土地について土地区画整理事業を施行することができる。
国交大臣施行
122-21-4国土交通大臣は、施行区域の土地について、国の利害に重大な関係がある土地区画整理事業で特別の事情により急施を要すると認められるもののうち、国土交通大臣が施行する公共施設に関する工事と併せて施行することが必要であると認められるものについては自ら施行することができる。

>>年度目次に戻る

1+

LINEアカウントで質問・相談

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを運営しています。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

【宅建過去問】(平成22年問21)土地区画整理法” に対して2件のコメントがあります。

  1. ロヒモト より:

    いつもお世話になっております。
    肢1について質問させて下さい。
    (すいません、色々調べて入るのですが、土地区画整理と土地収用の関係がどうしても理解出来ず…)

    解説部分の「土地区画整理事業のすべてが都市計画事業として施行されるわけではありません。都市計画事業として施行されるのは公的施行の場合に限られるのです。」ここまではよく理解出来ます。

    ●「そして、土地区画整理事業が土地収用法上の事業とみなされるのは、都市計画事業として施行される場合に限られます(都市計画法69条)。」

    ここで言わんとしている意味がどうしても分かりません。
    土地収用法条の事業をするのだから、土地区画整理事業も兼ねている?といった理解なのでしょうか?

    お時間ある時に解説頂けますと幸甚です。
    いつも質問恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

    0
    1. 家坂 圭一 より:

      (1)公的施行による土地区画整理事業
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      公的施行による土地区画整理事業であれば、以下の理屈が成り立ちます。
      (a)土地区画整理事業は、都市計画事業である。
      (b)都市計画事業である土地区画整理事業は、土地収用法上の事業とみなされる。
      (c)土地収用法上の事業には、土地収用法が適用される。

      (2)民間施行による土地区画整理事業
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      一方、民間施行による土地区画整理事業は、必ずしも都市計画事業として施行されるわけではありません。
      この場合、(a)の前提がないわけです。そうすると、(b)(c)の話にもつながりません。

      (3)本肢では
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      本肢が(1)公的施行に限定した話であれば、「正しい」記述ということになります。
      しかし、実際には、「公的施行」とも「民間施行」とも書かれていません。
      したがって、(2)の都市計画事業に該当しない土地区画整理事業」の場合も考える必要があります。
      それにも関わらず、この選択肢では、「全ての土地区画整理事業について(a)(b)(c)が成り立つ。」と書かれているのです。
      これは、「誤り」ということになります。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です