【宅建過去問】(平成24年問43)保証協会

宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。) に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けたときは、その納付を受けた額に相当する額の弁済業務保証金を供託しなければならない。
  2. 保証協会は、弁済業務保証金の還付があったときは、当該還付額に相当する額の弁済業務保証金を供託しなければならない。
  3. 保証協会の社員との宅地建物取引業に関する取引により生じた債権を有する者は、当該社員が納付した弁済業務保証金分担金の額に相当する額の範囲内で、弁済を受ける権利を有する。
  4. 保証協会の社員との宅地建物取引業に関する取引により生じた債権を有する者は、弁済を受ける権利を実行しようとする場合、弁済を受けることができる額について保証協会の認証を受けなければならない。

正解:3

1 正しい

保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けたときは、その日から1週間以内に、その納付を受けた額に相当する額の弁済業務保証金を供託しなければなりません(宅建業法64条の7第1項)。

■類似過去問
内容を見る
弁済業務保証金の供託(社員加入時)(宅建業法[07]2(2))
 年-問-肢内容正誤
126-39-2保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けた日から2週間以内に、納付を受けた額に相当する額の弁済業務保証金を供託しなければならない。×
224-43-1保証協会は、弁済業務保証金分担金に相当する額の弁済業務保証金を供託する義務を負う。
323-43-1弁済業務保証金分担金は金銭または有価証券で納付できるが、弁済業務保証金の供託は金銭に限定される。×
418-44-2保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けてから、2週間以内に弁済業務保証金を供託しなければならない。×
514-43-4保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けてから、2週間以内に弁済業務保証金を供託しなければならない。×
610-38-1宅建業者は、弁済業務保証金分担金を金銭で保証協会に納付しなければならないが、保証協会は、弁済業務保証金を国債証券その他一定の有価証券をもって供託所に供託することができる。

2 正しい

保証協会は、弁済業務保証金の還付(図の⑤)があったときは、国土交通大臣から通知書の送付を受けた日(同⑦)から2週間以内に、還付された弁済業務保証金の額に相当する額の弁済業務保証金を供託する必要があります(同⑧。宅建業法64条の8第3項)。

■類似過去問
内容を見る
弁済業務保証金の供託(還付後)(宅建業法[07]3(3))
 年-問-肢内容正誤
124-43-2保証協会は、弁済業務保証金の還付があったときは、当該還付額に相当する額の弁済業務保証金を供託しなければならない。
214-33-4保証協会の会員である宅建業者は、免許権者から通知を受けてから2週間以内に、弁済業務保証金を供託しなければならない。×

3 誤り

保証協会の社員である宅建業者と取引した場合、弁済業務保証金から弁済を受けることができる限度額は、「当該社員が社員でないとしたならばその者が供託すべき営業保証金の額に相当する額の範囲内」です(同法64条の8第1項)。
「当該社員が納付した弁済業務保証金分担金の額」に限定されるわけではありません。

  弁済業務保証金分担金 営業保証金
本店 60万 1,000万
支店(1か所あたり) 30万 500万

 

※例えば、300万円の弁済業務保証金分担金を納付した宅建業者があったとしましょう(平成20年問44肢1の例)。この業者は、本店分60万円に加え、支店8店舗分(240万=30万×8)を納付しています。もし、営業保証金を供託したとすれば、本店分1,000万円と支店8店舗分の4,000万円(500万×8)の合計5,000万円が必要だったはずです。この場合、弁済額の上限は5,000万円ということになります。

■類似過去問
内容を見る
弁済の範囲(還付の限度額)(宅建業法[07]3(1)③)
 年-問-肢内容正誤
128-31-4
150万円の弁済業務保証金分担金を保証協会に納付した者と宅建業に関し取引をした者は、2,500万円を限度として、保証協会が供託した弁済業務保証金から弁済を受ける権利を有する。
227-42-4弁済額は、弁済業務保証金分担金の範囲内に限られる。×
324-43-3弁済額は、弁済業務保証金分担金の範囲内に限られる。×
420-44-1弁済業務保証金分担金が300万円のとき、弁済の限度は6,000万円である。×
506-46-2弁済業務保証金分担金が150万円のとき、弁済の限度は2,500万円である。
604-47-全本店+4支店を有し、保証協会会員である宅建業者が、3,500万円の損害を与えた場合、弁済の限度は3,000万円である。
702-50-2弁済業務保証金分担金が390万円のとき、弁済の限度は5,500万円である。×
801-45-2弁済額は、弁済業務保証金分担金の範囲内に限られる。×

4 正しい

弁済業務保証金から還付を受ける権利を有する者がその権利を実行しようとするときは、弁済を受けることができる額について保証協会の認証を受ける必要があります(肢2の図の②③。宅建業法64条の8第2項)。

※保証協会の認証を受けた後に、供託所に対して還付請求するわけです(図の④⑤)。

■類似過去問
内容を見る
弁済業務保証金の還付手続(宅建業法[07]3(2))
 年-問-肢内容正誤
124-43-4保証協会の認証が必要。
222-43-2保証協会の認証を受けた上で、保証協会に対し還付請求。×
315-42-2保証協会の認証を受け、保証協会に対し還付請求。×
414-33-1還付請求は、供託所に申し立てる。
514-33-3保証協会の認証が必要。
611-44-2保証協会の認証が必要。
709-35-4保証協会の認証を受けた後、供託所に還付請求。
806-46-3免許権者の認証が必要。×

>>年度目次に戻る

2+

宅建講座(eラーニング/DVD)のご案内

ビーグッド教育企画の宅建講座をご紹介する動画です(上の画像をクリックすると再生が始まります)。
教材のお申込みやお問合せは、当社のWebストアまで。

【宅建過去問】(平成24年問43)保証協会” に対して3件のコメントがあります。

  1. ひー より:

    こちらの3の間違いが言葉の言い回しが違うだけで内容としては額は変わらないという事でしょうか?
    問題には
    当該社員が納付した弁済業務保証金分担金の額に相当する額の範囲内で、弁済を受ける権利を有する。

    相当すると書いてあるのでてっきりこちらは丸かと思いましたが、解答を見ると額としては結果同じになるなかと疑問に思いました

    0
    1. ひなた より:

      「営業保証金」と、「弁済業務保証金分担金」は、
      言葉の言い回しが違うのではなくて、意味しているものが全くの別物です(´・ω・`)

      日常で別のものに例えるとするならば……
      生命保険で言うところの「掛け金」と「保険金」みたいな感じですかね?

      支払う掛け金が「弁済業務保証金分担金」
      受け取れる保険金が「営業保証金(相当額)」

      「弁済業務保証金分担金の額に相当する額の範囲内」としてしまうと、本店しかない業者と取引をした人は、どんなに被害が大きくても「60万円」しか弁済を受けることができないので、足りなすぎますよね(´・ω・`)

      0
    2. 家坂 圭一 より:

      ひー様

      ご質問ありがとうございます。
      令和2年問36肢1でも出題された論点ですね。

      保証協会の社員である宅建業者と取引をした者は、
      (a)「当該社員が社員でないとしたならばその者が供託すべき営業保証金の額に相当する額の範囲内」
      で弁済を受けることができます。
      それにも関わらず、肢3は、
      (b)「弁済業務保証金分担金の額に相当する額の範囲内」
      と言っています。
      (a)と(b)は別の額ですので、この選択肢は誤りです。

      肢3の※印の例をご覧いただくと分かりやすいと思います。
      本店と8つの支店を持つ宅建業者を考えると、
      (a)は300万円
      (b)は5,000万円
      です。
      両者の額は、全く異なります。

      【ご報告】
      ほぼ同内容のコメントが投稿されていましたので、そちらを非常時にしました。
      ご了承ください。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です