【宅建過去問】(平成25年問50)建物に関する知識


建築の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
  2. 免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
  3. 制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
  4. 既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。

正解:4

1・2・3 正しい

耐震構造・免震構造・制震構造とは、それぞれ以下のような構造です。
似たような言い回しなので、しっかり区別をしておく必要があります。

※ダンパー(damper)=「勢いをくじくもの」という意味で、ここでは、「揺れ止め」ということ。

■類似過去問
内容を見る
耐震性(免除科目[04]7)
 年-問-肢内容正誤
制震構造
1R01-50-1地震に対する建物の安全確保においては、耐震、制震、免震という考え方がある。
2R01-50-2制震は制振ダンパーなどの制振装置を設置し、地震等の周期に建物が共振することで起きる大きな揺れを制御する技術である。
325-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×
425-50-3制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
免震構造
1R01-50-1地震に対する建物の安全確保においては、耐震、制震、免震という考え方がある。
2R01-50-3免震はゴムなどの免震装置を設置し、上部構造の揺れを減らす技術である。
325-50-2免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
425-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×
514-50-3免震建築物の免震層には、積層ゴムやオイルダンパー(油の粘性を利用して振動や衝撃を和らげる装置)が使用される。
耐震構造
1R01-50-1地震に対する建物の安全確保においては、耐震、制震、免震という考え方がある。
2R01-50-4耐震は、建物の強度や粘り強さで地震に耐える技術であるが、既存不適格建築物の地震に対する補強には利用されていない。×
325-50-1耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
既存不適格建築物の補強
1R01-50-4耐震は、建物の強度や粘り強さで地震に耐える技術であるが、既存不適格建築物の地震に対する補強には利用されていない。×
225-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×

4 誤り

既存不適格建築物耐震補強としては、耐震構造化を図るものが最も多く見られます。しかし、制震構造や免震構造を用いることも可能であり、耐震構造よりも高い効果を見込むことができます。

※既存不適格建築物の話ではありませんが、例えば、JR東京駅の復元工事では、100年前に建築された躯体を地盤から切り離し、免震装置をセットするという工法がとられました。このように、既存建物に現在の技術を適用し、地震対策を図ることを「レトロフィット」と呼びます。

■類似過去問
内容を見る
耐震性(免除科目[04]7)
 年-問-肢内容正誤
制震構造
1R01-50-1地震に対する建物の安全確保においては、耐震、制震、免震という考え方がある。
2R01-50-2制震は制振ダンパーなどの制振装置を設置し、地震等の周期に建物が共振することで起きる大きな揺れを制御する技術である。
325-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×
425-50-3制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。
免震構造
1R01-50-1地震に対する建物の安全確保においては、耐震、制震、免震という考え方がある。
2R01-50-3免震はゴムなどの免震装置を設置し、上部構造の揺れを減らす技術である。
325-50-2免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす構造である。
425-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×
514-50-3免震建築物の免震層には、積層ゴムやオイルダンパー(油の粘性を利用して振動や衝撃を和らげる装置)が使用される。
耐震構造
1R01-50-1地震に対する建物の安全確保においては、耐震、制震、免震という考え方がある。
2R01-50-4耐震は、建物の強度や粘り強さで地震に耐える技術であるが、既存不適格建築物の地震に対する補強には利用されていない。×
325-50-1耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられるようにした構造である。
既存不適格建築物の補強
1R01-50-4耐震は、建物の強度や粘り強さで地震に耐える技術であるが、既存不適格建築物の地震に対する補強には利用されていない。×
225-50-4既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。×

>>年度目次に戻る

LINEアカウントで質問・相談

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを運営しています。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です