【宅建過去問】(平成26年問14)不動産登記法


不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 表示に関する登記を申請する場合には、申請人は、その申請情報と併せて登記原因を証する情報を提供しなければならない。
  2. 新たに生じた土地又は表題登記がない土地の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から1月以内に、表題登記を申請しなければならない。
  3. 信託の登記の申請は、当該信託に係る権利の保存、設定、移転又は変更の登記の申請と同時にしなければならない。
  4. 仮登記は、仮登記の登記義務者の承諾があるときは、当該仮登記の登記権利者が単独で申請することができる。

正解:1

1 誤り

登記の申請は、申請情報を登記所に提供してしなければならない(不動産登記法18条)。これは、表示に関する登記と権利に関する登記の双方に共通するルールである。
これに加えて、権利に関する登記の申請にあたっては、登記原因を証する情報を提供しなければならない(不動産登記法61条)。このルールは、表示に関する登記の申請には、適用されない。

本肢は、表示に関する登記の申請にも、登記原因証明情報の提供を要求している点が誤り。

■類似過去問(登記原因証明情報の提供)
内容を見る
不動産登記法[03]1(1)②
登記原因証明情報の提供
 年-問-肢内容正誤
126-14-1表示に関する登記を申請する場合には、申請人は、その申請情報と併せて登記原因を証する情報を提供しなければならない。×
204-14-2権利に関する登記を申請する場合には、申請人は、法令に別段の定めがある場合を除き、その申請情報と併せて登記原因を証する情報を提供しなければならない。

2 正しい

新たに生じた土地又は表題登記がない土地の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から1月以内に、表題登記を申請しなければならない(不動産登記法36条)。

※表示の登記のうち、表のものについては、事実の発生から登記申請までに1か月以内という期間制限が設けられている。

■類似過去問(土地の表示に関する登記)
内容を見る
不動産登記法[02]2(1)
土地の表示に関する登記
 年-問-肢内容正誤
126-14-2新たに生じた土地又は表題登記がない土地の所有権を取得した者は、その所有権の取得の日から1月以内に、表題登記を申請しなければならない。
206-15-2抵当権設定の登記のある土地の分筆の登記を申請する場合、抵当権者の分筆に関する承諾を証する情報又はその者に対抗することができる裁判があったことを証する情報を、申請情報と併せて提供しなければならない。×

3 正しい

信託の登記の申請は、当該信託による権利の移転又は保存・設定の登記の申請と同時にしなければならない(不動産登記法98条1項)。

18-15-2

■類似過去問(信託に関する登記)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
126-14-3信託の登記の申請は、当該信託に係る権利の保存、設定、移転又は変更の登記の申請と同時にしなければならない。
223-14-3受益者又は委託者は、受託者に代わって信託の登記を申請することができる。
318-15-2信託の登記の申請は、当該信託による権利の移転又は保存若しくは設定の登記の申請と同時にしなければならない。

4 正しい

仮登記の申請は、原則として、登記権利者と登記義務者が共同でしなければならない(不動産登記法60条)。
ただし、以下2つの場合には、登記権利者が単独で申請することができる(同法107条1項)。

  1. 登記義務者の承諾があるとき
  2. 裁判所による仮登記を命ずる処分があるとき

本肢は、1.に該当する。したがって、仮登記の登記権利者が単独で申請することができる

■類似過去問(仮登記の申請方法)
内容を見る
不動産登記法[05]2
仮登記の申請方法
 年-問-肢内容正誤
126-14-4仮登記は、仮登記の登記義務者の承諾があるときは、当該仮登記の登記権利者が単独で申請することができる。
220-16-2仮登記の登記義務者の承諾がある場合であっても、仮登記権利者は単独で当該仮登記の申請をすることができない。×
316-15-1仮登記の申請は、仮登記の登記義務者の承諾があるときは、仮登記権利者が単独ですることができる。
416-15-2仮登記の申請は、仮登記を命ずる処分があるときは、仮登記権利者が単独ですることができる。
510-15-1仮登記は、登記の申請に必要な手続上の条件が具備しない場合に限り、仮登記権利者が単独で申請することができる。×
610-15-2仮登記の申請に仮登記義務者が協力しない場合には、仮登記権利者は、仮登記手続を求める訴えを提起し、勝訴判決を得たときでなければ、単独で仮登記の申請をすることができない。×
705-15-3申請情報と併せて仮登記義務者の承諾を証する情報を提供してする所有権移転請求権の仮登記の申請は、仮登記権利者及び仮登記義務者が共同してすることを要する。×

>>年度目次に戻る

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

【宅建過去問】(平成26年問14)不動産登記法” に対して1件のコメントがあります。

  1. FOD より:

    肢4解説の、以下2つの場合にはの記載がありません。

    1. 家坂 圭一 より:

      御不便をおかけして申し訳ありません。
      記述を追加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo