【宅建過去問】(平成28年問50)建物に関する知識


建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。
  2. 鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
  3. 鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造にさらに強度と靱性を高めた構造である。
  4. ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。

正解:1

1 最も不適当である

鉄骨造は、①自重が軽く、②靭性が大きい構造です。そのため大空間を有する建築や高層建築の骨組に適しています。

■類似過去問
内容を見る
鉄骨造(免除科目[04]3)
 年-問-肢内容正誤
1R02s-50-3鉄骨造は、不燃構造であり、靭性が大きいことから、鋼材の防錆処理を行う必要はない。×
230-50-3鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。×
328-50-1鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。×
424-50-4鉄骨構造は、不燃構造であるが、火熱に遭うと耐力が減少するので、耐火構造にするためには、耐火材料で被覆する必要がある。
521-50-1鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。×
614-50-4鉄骨造では、必ず溶接によって接合しなければならない。×
709-49-3鉄骨造は、自重が重く、靭性(粘り強さ)が大きいことから大空間を有する建築や高層建築の骨組に適しており、かつ、火熱による耐力の低下が比較的小さいので、鋼材を不燃材料等で被覆しなくても耐火構造とすることができる。×

2 適当である

鉄筋コンクリート構造は、①自重は重いのですが、②耐火・耐久性が大きい構造です。骨組の形式としては、一般的にラーメン構造が用いられます。

※ラーメン構造とは、柱と梁(はり)を強剛に接合して直方体を作り、その直方体を骨組みとする構造です。鉄筋コンクリート造だけでなく、鉄骨造や鉄骨鉄筋コンクリート造でも一般的に利用されています。

28-50-2

■類似過去問
内容を見る
鉄筋コンクリート造の特徴(免除科目[04]4(2))
 年-問-肢内容正誤
1R02s-50-4近年、コンクリートと鉄筋の強度が向上しており、鉄筋コンクリート造の超高層共同住宅建物もみられる。
230-50-4鉄筋コンクリート構造は、耐久性を高めるためには、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止の注意が必要である。
329-50-4鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。
428-50-2鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
526-50-1鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
624-50-1鉄筋コンクリート構造の中性化は、構造体の耐久性や寿命に影響しない。×
721-50-2鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
816-49-2鉄筋コンクリート造の建築物においては、構造耐力上主要な部分に係る型わく及び支柱は、コンクリートが自重及び工事の施工中の荷重によって著しい変形又はひび割れその他の損傷を受けない強度になるまでは、取り外してはならない。
建築物の構造(免除科目[04]1)
 年-問-肢内容正誤
128-50-2鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
223-50-1ラーメン構造は、柱とはりを組み合わせた直方体で構成する骨組である。
323-50-2トラス式構造は、細長い部材を三角形に組み合わせた構成の構造である。
423-50-3アーチ式構造は、スポーツ施設のような大空間を構成するには適していない構造である。×
523-50-4壁式構造は、柱とはりではなく、壁板により構成する構造である。

3 適当である

鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄骨を鉄筋コンクリートで覆った構造です。この構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに強度・靭性が増します。また、耐火性・耐震性の点でも優れています。

■類似過去問
内容を見る
鉄骨鉄筋コンクリート造(免除科目[04]5)
 年-問-肢内容正誤
128-50-3鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリート造にさらに強度と靱性を高めた構造である。
221-50-3鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。

4 適当である

ブロック造とは、コンクリートブロックを積上げて壁を作る方式です。ブロックだけでは、耐火性はあるものの、耐震性が乏しいものになります。そのため、壁体の底部と頂部を固めることが必要です。底部(基礎)を固める方法としては、鉄筋コンクリートの布基礎とすることが考えられます。また、頂部を固めるためには、臥梁(壁体頂部を固める鉄筋コンクリート製の梁)が有効です。

■類似過去問
内容を見る
耐震性
 年-問-肢内容正誤
128-50-4ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。
211-50-2枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。×
310-48-4木造建築物を鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。
408-22-3木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある。
508-22-4木造建築物において、地震力の大きさは、見付面積の大きさより屋根の重さに大きく影響を受ける。
組積造
 年-問-肢内容正誤
128-50-4ブロック造を耐震的な構造にするためには、鉄筋コンクリートの布基礎及び臥梁により壁体の底部と頂部を固めることが必要である。
212-50-1組積造の建築物のはね出し窓又ははね出し縁は、鉄骨又は鉄筋コンクリートで補強しなければならない。

>>年度目次に戻る

+1

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「宅建受験ガイダンス」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です