【宅建過去問】(平成30年問05)事務管理


Aは、隣人Bの留守中に台風が接近して、屋根の一部が壊れていたB宅に甚大な被害が生じる差し迫ったおそれがあったため、Bからの依頼なくB宅の屋根を修理した。この場合における次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. Aは、Bに対して、特段の事情がない限り、B宅の屋根を修理したことについて報酬を請求することができない。
  2. Aは、Bからの請求があったときには、いつでも、本件事務処理の状況をBに報告しなければならない。
  3. Aは、B宅の屋根を善良な管理者の注意をもって修理しなければならない。
  4. AによるB宅の屋根の修理が、Bの意思に反することなく行われた場合、AはBに対し、Aが支出した有益な費用全額の償還を請求することができる。

正解:3

事務管理

本問のように、頼まれてもいないのに他人のために事務の管理をする行為を事務管理といいます(民法697条1項)。本問のAの事務管理は、台風による甚大な被害を免れさせるための行為です。身体、名誉又は財産に対する急迫の危害を免れさせるための事務管理であり、緊急事務管理と呼ばれます(同法698条)。
事務管理の関係では、本問のBを本人、Aを管理者と呼びます。

■類似過去問
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-08-1倒壊しそうなA所有の建物や工作物について、Aが倒壊防止の措置をとらないため、Aの隣に住むBがAのために最小限度の緊急措置をとったとしても、Aの承諾がなければ、Bはその費用をAに請求することはできない。×
223-08-4「BはDに200万円の借金があり、その返済に困っているのを見かねたAが、Bから頼まれたわけではないが、Bに代わってDに対して借金の返済を行った。Bの意思に反する弁済ではないとして、AがDに支払った200万円につき、AがBに対して支払いを求める場合」、債権が契約に基づいて発生している。×

1 正しい

事務管理者Aは、特約がない限り、報酬を請求することができません。
※委任の場合を考えてみましょう。委任契約を締結した場合でも、特約がない限り、受任者は報酬を請求することができません(民法[32]2(1)、同法648条)。契約関係を前提としていない事務管理で、報酬を請求できるのは、おかしな結論です。

2 正しい

管理者による報告に関し、民法の事務管理に関する規定(同法701条)は、委任に関する規定(同法645条)を準用しています。したがって、Aは、Bの請求を受けたときは、いつでも事務管理の状況を報告しなければなりません。

3 誤り

緊急事務管理を行う場合、管理者は、悪意又は重大な過失がある場合に限って、責任を負います(民法698条)。善良な管理者の注意義務を負うのではありません。
※緊急事務管理以外の通常の義務管理においては、管理者は善良な管理者の注意義務(善管注意義務)を負うものと考えられています。

4 正しい

管理者の事務管理が本人の意思に反していない場合、管理者は、本人のために支出した有益な費用の全額について償還を請求することができます(民法702条1項)。
※管理者が本人の意思に反して事務管理をしたときは、本人が現に利益を受けている限度においてのみ、償還を請求することができます(同条3項)。


>>平成30年の問題一覧へ

2019年ロケットスタートキャンペーン

2019年受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい。」かたのためのキャンペーンです。
(1)先に2018年版DVD教材をお送りし、これで勉強をスタートする。
(2)2019年版DVD教材が完成次第、これをお送りする。
という、2段階ロケット方式の学習プランです。

特別ショップクーポンを御利用になれば、
10,000円以上の教材を25%引きで御購入いただけます。

【宅建過去問】(平成30年問05)事務管理” に対して1件のコメントがあります。

  1. ドクターX より:

    肢3の解説動画ですけど

    司法試験用の参考書には
    「通常の事務管理では、本人の利益を保護する必要性から、管理者は善良なる管理者と同一の注意義務を負わなければならない(698条反対解釈)。しかし、本人の身体・名誉などに対する急迫の危険を回避するための事務管理の場合は、本人に相当の危険を負担させることもやむを得ないことから、注意義務の程度を軽減し、自己の財産に対するのと同一の注意義務を負うものとした(698条)」

    と書いてありました

    つまり「自己物同一義務」に軽減される
    というのです!

    なので
    解説動画や解説文にそのことを
    書いて欲しいと思いますが?

    1. 家坂 圭一 より:

      民法698条は、以下のように定めています。

      管理者は、本人の身体、名誉又は財産に対する急迫の危害を免れさせるために事務管理をしたときは、悪意又は重大な過失があるのでなければ、これによって生じた損害を賠償する責任を負わない。

      宅建試験では、条文をベースとして出題されます。したがって、「悪意又は重大な過失」という表現で理解すべきです。

      私は存じ上げませんが、司法試験では別の解釈になるのかも知れません。その点については、版元さんや著者のかたに御確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です