【宅建過去問】(平成30年問13)区分所有法


建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 規約の設定、変更又は廃止を行う場合は、区分所有者の過半数による集会の決議によってなされなければならない。
  2. 規約を保管する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならず、閲覧を拒絶した場合は20万円以下の過料に処される。
  3. 規約の保管場所は、建物内の見やすい場所に掲示しなければならない。
  4. 占有者は、建物又はその敷地若しくは附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。

正解:1

1 誤り

規約を設定、変更又は廃止するためには、集会の特別決議による必要があります。具体的にいえば、区分所有者及び議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議が必要です(区分所有法31条1項前段)。
※規約の設定、変更又は廃止が一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼす場合は、その承諾を得なければなりません(同項後段)。

★必要知識(講義編)

規約の設定・変更・廃止(区分所有法[03]1)

■類似過去問
内容を見る
区分所有法[03]1
規約の設定・変更・廃止
 年-問-肢内容正誤
113-15-2一部共用部分に関する事項で区分所有者全員の利害に関係しないものについての区分所有者全員の規約の設定、変更、又は廃止は、当該一部共用部分を共用すべき区分所有者全員の承諾を得なければならない。×
207-14-4規約の変更が一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼす場合で、その区分所有者の承諾を得られないときは、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による決議を行うことにより、規約の変更ができる。×
306-14-3建物の管理に要する経費の負担については、規約で定めることができ、規約の設定は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議によってなされる。
402-14-2規約は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議でのみ設定することができ、最初に建物の専有部分の全部を所有する分譲業者は、規約を設定することはできない。×

2 正しい

規約を保管する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒絶することができません(区分所有法33条2項)。これを拒んだ場合には、20万円以下の過料に処されることがあります(同法71条2号)。

規約の保管・閲覧

★必要知識(講義編)

規約の保管・閲覧(区分所有法[03]3)

■類似過去問
内容を見る
区分所有法[03]3
規約の保管・閲覧
 年-問-肢内容正誤
126-13-4管理者が、規約の保管を怠った場合や、利害関係人からの請求に対して正当な理由がないのに規約の閲覧を拒んだ場合は、20万円以下の過料に処せられる。
223-13-1管理者は、利害関係人の請求がある場合、正当な理由がない限り、規約の閲覧を拒んではならない。
320-15-4規約の保管者は、理事会または集会の決議で定める。×
419-15-1規約は、管理者が保管しなければならない。ただし、管理者がないときは、建物を使用している区分所有者又はその代理人で規約又は集会の決議で定めるものが保管しなければならない。
519-15-3規約保管者は、利害関係人の請求がある場合、正当な理由がない限り、規約の閲覧を拒んではならない。
619-15-4規約の保管場所は、各区分所有者に通知するとともに、建物内の見やすい場所に掲示しなければならない。×
718-16-4規約の保管場所は、建物内の見やすい場所に掲示しなければならないが、集会の議事録の保管場所については掲示を要しない。×

3 正しい

規約の保管場所は、建物内の見やすい場所に掲示しなければなりません(肢2の表。区分所有法33条3項)。

★必要知識(講義編)

規約の保管・閲覧(区分所有法[03]3)

■類似過去問
内容を見る
区分所有法[03]3
規約の保管・閲覧
 年-問-肢内容正誤
126-13-4管理者が、規約の保管を怠った場合や、利害関係人からの請求に対して正当な理由がないのに規約の閲覧を拒んだ場合は、20万円以下の過料に処せられる。
223-13-1管理者は、利害関係人の請求がある場合、正当な理由がない限り、規約の閲覧を拒んではならない。
320-15-4規約の保管者は、理事会または集会の決議で定める。×
419-15-1規約は、管理者が保管しなければならない。ただし、管理者がないときは、建物を使用している区分所有者又はその代理人で規約又は集会の決議で定めるものが保管しなければならない。
519-15-3規約保管者は、利害関係人の請求がある場合、正当な理由がない限り、規約の閲覧を拒んではならない。
619-15-4規約の保管場所は、各区分所有者に通知するとともに、建物内の見やすい場所に掲示しなければならない。×
718-16-4規約の保管場所は、建物内の見やすい場所に掲示しなければならないが、集会の議事録の保管場所については掲示を要しない。×

4 正しい

占有者は、建物などの使用方法について、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負います(区分所有法46条2項)。
占有者というのは、例えば、区分所有者から専有部分を賃借した賃借人のことです。賃借人が「私は所有者じゃないから、ルールは守りません。」というのでは、秩序は破壊されてしまいます。

★必要知識(講義編)

規約・集会決議の効力(区分所有法[04]4)

■類似過去問
内容を見る
区分所有法[04]4
規約・集会決議の効力

 年-問-肢内容正誤
122-13-2規約・集会決議は、特定承継人には効力を生じない。×
210-13-3占有者も区分所有者と同一の義務を負う。
305-14-1賃借人も区分所有者と同一の義務を負う。
402-14-3区分所有法には、賃借人に関する規定はない。×

>>平成30年の問題一覧へ

2019年ロケットスタートキャンペーン

2019年受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい。」かたのためのキャンペーンです。
(1)先に2018年版DVD教材をお送りし、これで勉強をスタートする。
(2)2019年版DVD教材が完成次第、これをお送りする。
という、2段階ロケット方式の学習プランです。

特別ショップクーポンを御利用になれば、
10,000円以上の教材を25%引きで御購入いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です