【宅建過去問】(平成30年問50)建物に関する知識


建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。
  2. 集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物にも使用されている。
  3. 鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。
  4. 鉄筋コンクリート構造は、耐久性を高めるためには、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止の注意が必要である。

正解:3

1 適当

木材の強度は、含水率の影響を受けます。含水率が小さいほど(乾燥しているほど)、強度は高くなります。

含水率と木材の強度

★必要知識(講義編)

木材の強度(免除科目[04]2(1)①)

■類似過去問
内容を見る
免除科目[04]2(1)
木材
 年-問-肢内容正誤
含水率と強度
129-50-1木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。×
227-50-1木造は湿気に強い構造であり、地盤面からの基礎の立上がりをとる必要はない。×
324-50-2木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や防虫対策などの影響を受ける。
422-50-3木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
515-50-2木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。×
613-50-4木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。
710-48-3木造建築物に用いる木材は、気乾状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽薗の害を受けやすい。×
圧縮と強度
113-50-3木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。×
208-22-1木材の繊維方向に直交する方向の圧縮の材料強度は、繊維方向の圧縮の材料強度よりも大きい。×
その他
118-49-2木造建築物において、構造耐力上主要な部分に使用する木材の品質は、節、腐れ、繊維の傾斜、丸身等による耐力上の欠点がないものでなければならない。
217-49-3構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講ずるとともに、必要に応じて有効な防腐措置を講じなければならない。×

2 適当

集成材というのは、単板を重ねて接着(積層)して作った木材で、伸縮・変形・割れなど単板の短所を補うことができます。この集成材を使えば、体育館など大規模建築物を木造で建築することが可能になります。

★必要知識(講義編)

集成材(免除科目[04]2(1)④)

■類似過去問
内容を見る
免除科目[04]2(1)④
集成材
 年-問-肢内容正誤
122-50-4集成材は、単板などを積層したもので、大規模な木造建築物に使用される。
221-50-4集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられる。
315-50-1集成材は、単板等を積層したもので、伸縮・変形・割れなどが生じにくくなるため、大規模な木造建築物の骨組みにも使用される。

3 最も不適当

鉄骨構造は、不燃構造です。しかし、耐火構造ではありません。鉄骨は、加熱に弱く、高温下では変形してしまうからです。鉄骨構造を耐火構造とするためには、耐火材料による耐火被覆が必要です。

鉄骨造の特徴

★必要知識(講義編)

鉄骨造(免除科目[04]3)

■類似過去問
内容を見る
免除科目[04]3
鉄骨造
 年-問-肢内容正誤
128-50-1鉄骨造は、自重が大きく、靱性が小さいことから、大空間の建築や高層建築にはあまり使用されない。×
224-50-4鉄骨構造は、不燃構造であるが、火熱に遭うと耐力が減少するので、耐火構造にするためには、耐火材料で被覆する必要がある。
321-50-1鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。×
414-50-4鉄骨造では、必ず溶接によって接合しなければならない。×
509-49-3鉄骨造は、自重が重く、靭性(粘り強さ)が大きいことから大空間を有する建築や高層建築の骨組に適しており、かつ、火熱による耐力の低下が比較的小さいので、鋼材を不燃材料等で被覆しなくても耐火構造とすることができる。×

4 適当

鉄筋コンクリート構造では、コンクリートが強アルカリ性であることにより、鉄筋の酸化(サビ)を防止しています。
コンクリートは、空気中の二酸化炭素(Co2)に触れると、アルカリ性を失っていきます。これが中性化という現象です。コンクリートが中性化すれば、鉄筋が腐食します。酸化し、サビを生じるのです。錆びた鉄筋は膨張し、ついには周囲のコンクリートをひび割れさせることになります。
ひび割れが生じてしまうと、コンクリート中には水分が浸透するようになります。これにより、鉄筋の腐食は一層進展します。また、ひび割れたコンクリートは、空気との接触面も広くなりますから、中性化の進行も加速します。これらの現象により、コンクリートの劣化が進行していくわけです。

★必要知識(講義編)

鉄筋コンクリート造の特徴(免除科目[04]4(2))

■類似過去問
内容を見る
免除科目[04]4(2)
鉄筋コンクリート造の特徴

 年-問-肢内容正誤
129-50-4鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。
228-50-2鉄筋コンクリート造においては、骨組の形式はラーメン式の構造が一般に用いられる。
326-50-1鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
424-50-1鉄筋コンクリート構造の中性化は、構造体の耐久性や寿命に影響しない。×
521-50-2鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
616-49-2鉄筋コンクリート造の建築物においては、構造耐力上主要な部分に係る型わく及び支柱は、コンクリートが自重及び工事の施工中の荷重によって著しい変形又はひび割れその他の損傷を受けない強度になるまでは、取り外してはならない。

>>平成30年の問題一覧へ

2019年ロケットスタートキャンペーン

2019年受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい。」かたのためのキャンペーンです。
(1)先に2018年版DVD教材をお送りし、これで勉強をスタートする。
(2)2019年版DVD教材が完成次第、これをお送りする。
という、2段階ロケット方式の学習プランです。

特別ショップクーポンを御利用になれば、
10,000円以上の教材を25%引きで御購入いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です