宅建業法[24]建物状況調査(インスペクション)

建物状況調査とは、既存住宅の構造耐力上主要な部分等の状況を資格をもった調査技術者が非破壊調査することをいいます。
宅建業者は、(1)媒介契約書に建物状況調査のあっせんの有無を記載し、(2)建物状況調査の結果の概要を重要事項として説明し、(3)当事者双方が確認した事項について契約書面に記載する義務を負います。

1.OUTLINE

(1).目的

既存住宅の流通促進

(2).対策
①建物状況調査の実施
②宅建業者の対応

③保険制度

2.宅建業法

(1).建物状況調査
①建物状況調査とは

既存住宅の構造耐力上主要な部分等の状況を
資格をもった調査技術者が
非破壊調査すること

②建物の構造耐力上主要な部分等

③調査技術者の資格

建築士で
国土交通大臣が定める講習を修了した者

④イメージ

(2).媒介契約書(34条の2書面)
①媒介契約書の記載事項

②イメージ

(3).重要事項説明書(35条書面)

(4).契約書面(37条書面)

3.既存住宅売買瑕疵保険

(1).宅建業者が売主となる場合

(2).宅建業者以外が売主となる場合

過去の本試験問題

平成30年4月1日の法改正事項です。
過去に出題の実例はありません。

[Step.1]基本習得編講義

ご視聴方法
((1)(2)(3)は同内容、価格は税込です。)
(1)eラーニング版講座9,800円
(2)DVD版講座(全16巻)20,800円
(3)ニコニコチャンネル1講義150円
or
月額4,800円
『図表集』無料ダウンロード
講義レジュメ『図表集』を見ながら受講すると効率的です(無料でダウンロード可能)。

[Step.2]実戦応用編講義

この項目に対応する問題・解説はありません。

ご視聴方法
((1)(2)(3)は同内容、価格は税込です。)
(1)eラーニング版講座12,000円
(2)DVD版講座(全16巻)20,800円
(3)ニコニコチャンネル1講義150円
or
月額4,800円
『一問一答式問題集』無料ダウンロード
必須資料『一問一答式問題集』を解き、自己採点をしたうえで、解説講義をご覧ください。
0

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「宅建受験ガイダンス」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です