【宅建過去問】(平成19年問48)統計

各選択肢の内容は、令和4年(2022年)受験用に改訂してあります。

宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 令和4年地価公示(令和4年3月公表)によれば、令和3年の1年間の地価変動率は、全国平均で住宅地がマイナス0.5%、商業地がプラス0.4%となり、住宅地は引き続き下落しているが、商業地は2年ぶりの上昇となった。
  2. 建築着工統計(国土交通省)によれば、令和3年の新設住宅着工戸数は約81.5万戸で、対前年比では約2.2%減となり、5年ぶりの減少となった。
  3. 令和4年版土地白書(令和4年6月公表)によれば、令和3年の売買による土地所有権移転登記の件数は全国で約133万件となっており、2年ぶりの減少となった。
  4. 令和2年度法人企業統計調査(財務省)によれば、令和2年度における不動産業の売上高は約44兆3,000億円で、全産業の売上高の約3.3%を占めている。

正解:4

【参考】出題時のままの問題文

宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 平成19年地価公示(平成19年3月公表)によれば、平成18年の1年間の地価変動率は、全国平均で住宅地がマイナス1.5%、商業地がプラス2.3%となり、住宅地は引き続き下落しているが、商業地は平成3年以来16年ぶりにわずかな上昇となった。
  2. 建築着工統計(国土交通省)によれば、平成17年度の新設住宅着工戸数は約115万戸で、対前年度比では約1.7%減となり、2年連続の減少となった。
  3. 平成18年版土地白書(平成18年6月公表)によれば、平成17年の売買による土地所有権移転登記の件数は全国で約158万件となっており、2年連続の増加となった。
  4. 平成17年度法人企業統計年報(財務省)によれば、平成17年度における不動産業の売上高は約34兆5,000億円で、全産業の売上高の約2.3%を占めている。

>>年度目次に戻る

YouTubeメンバーシップ開始!!

YouTubeの「メンバーシップ制度」を利用して、「年度別過去問メンバー」を募集します。
メンバーになると、月額1,790円で「年度別過去問」の解説講義を視聴することが可能です。
メンバー限定で平成24年~30年の過去問解説を公開中。無料で一般公開している令和元年~3年を合わせれば、過去10年・12回分の過去問解説を視聴することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。