【宅建過去問】(平成21年問48)統計

各選択肢の内容は、令和06年(2024年)受験用のデータに合わせたものです。

宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 令和6年地価公示(令和6年3月公表)によれば、令和5年1月以降の1年間の地価変動率は、全国平均ではすべての用途で上昇となった。
  2. 令和4年度法人企業統計調査(財務省、令和5年9月公表)によれば、令和4年度における不動産業の経常利益は約5兆9,000億円であり、対前年度比2.0%減となった。
  3. 令和6年版国土交通白書(令和6年6月公表)によれば、令和5年3月末現在の宅地建物取引業者数は約14万となっており、前年度に比べわずかながら減少した。
  4. 令和6年版土地白書(令和6年6月公表)によれば、令和4年度の宅地供給量は全国で約4,100ha(ヘクタール)となっており、令和2年度より9.4%減少した。

正解:3

【無料特別講座】問48 統計問題のご案内

今年受験用のデータにアップデートした【無料特別講座】は、7月頃に公開します。

「ゴロ合わせしか対策がない!」とされてきた「宅建本試験の問48『統計』」。
しかし、この1点を見逃すことはできません。

そこで、現在の傾向が確立した平成17年以降の過去問を徹底的に分析。
「これだけでいい!」という合理的・科学的な対策を編み出しました。
その結果を【無料特別講座】で惜しみなく公開しています。

  • 「ゴロ合わせは不要。数字の増減だけ覚えればよい!」
  • 「覚える必要のある数字は、タッタの6個だけ!」

ビックリするような事実ばかり。
最小限の勉強で、本試験開始3分以内に「1点確保!」しましょう。

講座の詳細は、こちらでご覧ください。


【参考】出題時のままの問題文

宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 平成21年地価公示(平成21年3月公表)によれば、平成20年1月以降の1年間の地価変動率は、全国平均ではすべての用途で下落となった。
  2. 平成19年度法人企業統計年報(財務省、平成20年9月公表)によれば、平成19年度における不動産業の経常利益は約3兆4,000億円であり、対前年度比1.1%減となった。
  3. 平成20年度国土交通白書(平成21年4月公表)によれば、平成20年3月末現在の宅地建物取引業者数は約14万となっており、前年度に比べわずかながら増加した。
  4. 平成21年版土地白書(平成21年5月公表)によれば、平成19年度の宅地供給量は全国で5,400ha(ヘクタール)となっており、対前年度比10.0%減と引き続き減少傾向にある。

>>年度目次に戻る

LINEアカウントで質問・相談

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを運営しています。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

【宅建過去問】(平成21年問48)統計” に対して2件のコメントがあります。

  1. 高橋康夫 より:

    統計問題、「前年度に比べ減少した。」となっていますが、6年連続、増加ではないでしょうか。

    1. 家坂 圭一 より:

      高橋様

      ご質問ありがとうございます。

      統計問題、「前年度に比べ減少した。」となっていますが、6年連続、増加ではないでしょうか。

      肢3に関する質問ですね。
      おっしゃる通り、令和2年3月末現在の宅建業者数は、前年に比べて増加しています(6年連続の増加)。
      それにもかかわらず、「減少」といっているので、肢3は誤りです。
      (また、宅建業者数を「約12万」とする点も誤っています。)

      この問題は、「誤っているものはどれか。」というものですので、この選択肢が正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です