建築基準法[01]建築基準法のシステム

建築物の敷地・構造・設備・用途について、最低限の基準を定めるのが建築基準法です。ここでは、その全体像を勉強します。
まずは、建築主事・特定行政庁・建築審査会といった建築基準法の登場人物の紹介です。また、単体規定・集団規定の意味や、その具体例を見てみましょう。

1.建築基準法とは

建築物の敷地・構造・設備・用途に関する最低基準を定める

2.適用の除外

(1).歴史的価値のある建築物

(2).既存不適格建物

建築基準法適用の際、現に存する建築物又は工事中の建築物
★過去の出題例★

建築基準法[01]2
適用の除外

 年-問-肢内容正誤
124-18-1既存不適格建築物は違反建築物となる。×
214-21-3重要文化財指定の建築物にも建築基準法が適用される。×
311-20-4重要文化財として仮指定された建築物の大規模修繕には、建築確認は不要。

3.重要な登場人物

(1).人物の関係

(2).それぞれの登場人物
①建築主

建築物に関する工事の請負契約の注文者

②建築主事・特定行政庁

建築主事=都道府県・市町村において建築確認を行う公務員


★過去の出題例★

建築基準法[01]3
建築主事
 年-問-肢内容正誤
109-24-1人口10万人以上の市は、その長の指揮監督の下に、建築確認に関する事務をつかさどらせるために、建築主事を置かなければならない。×
③建築審査会
  1. 特定行政庁の許可・指定に同意を与える
  2. 建築確認に関する審査請求を扱う

4.単体規定・集団規定

(1).単体規定の例(⇒[02]
  • 防火壁
  • 避雷設備
  • 非常用の昇降機
(2).集団規定
①道路(⇒[03]

道路と建築物の敷地の関係

②用途制限(⇒[04]

用途地域←→建築物の用途

③建蔽率(⇒[05]

建築物の建築面積の敷地面積に対する割合

④容積率(⇒[06]

建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合

⑤高さ制限(⇒[07]

(a).絶対的高さ制限(⇒[07]2)

(b).斜線制限(⇒[07]3)

  1. 道路斜線制限
  2. 隣地斜線制限
  3. 北側斜線制限

⑥防火地域・準防火地域(⇒[08]

5.その他の規定

(1).建築確認(⇒[09]

建築物の建築等に先立って、建築基準法などの法令に適合しているかどうか、確認を受けること

(2).建築協定(⇒[10]

土地の所有者等が、一定の区域内における建築物の敷地・位置・構造・用途・形態・意匠・建築設備に関する基準について締結する協定

2019年ロケットスタートキャンペーン

2019年受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい。」かたのためのキャンペーンです。
(1)先に2018年版DVD教材をお送りし、これで勉強をスタートする。
(2)2019年版DVD教材が完成次第、これをお送りする。
という、2段階ロケット方式の学習プランです。

特別ショップクーポンを御利用になれば、
10,000円以上の教材を25%引きで御購入いただけます。

建築基準法[01]建築基準法のシステム” に対して1件のコメントがあります。

  1. T510 より:

    用途地域の種類について
    4の(2)の②の箇所で、用途地域の種類を12種類と解説されていました。
    同じく04の1の箇所でも同様の解説をされていました。
    新しくされる際は、修正された方がよろしいかと思います。

    1. 家坂 圭一 より:

      御指摘ありがとうございました。
      2019年版では、確実に訂正します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です