建築基準法[04]用途制限

用途地域ごとに、特定行政庁の許可なしで建築できる建築物の用途が定められています。例えば、カラオケボックスは、商業地域には建築できるが、第一種住居地域には建築できない、というようなルールです。
このルールは、一覧表にまとめられているので、これを頑張って覚えましょう。

1.用途制限とは

  • 用途地域ごとに定められた特定行政庁の許可を受けることなく、建築できる建築物の用途
  • 許可を受ければ、リスト以外の建築も可能

2.具体的な規制

田園住居地域のみで建築可能なもの

3.異なる用途地域にまたがる場合の用途制限

敷地の過半が属する用途地域の用途制限を
敷地全体に適用

★過去の出題例★

建築基準法[04]3
異なる地域にまたがる場合の用途制限
 年-問-肢内容正誤
125-18-4建築物の敷地が第一種低層住居専用地域と準住居地域にわたり、その過半が準住居地域に存する場合、作業場の床面積100m2の自動車修理工場を建築できる。
222-19-1建築物の敷地が工業地域と工業専用地域にわたり、その過半が工業地域にある場合、共同住宅を建築することができる。
316-20-1建築物の敷地が第一種住居地域と近隣商業地域にわたり、その過半が近隣商業地域にある場合、カラオケボックスを建築することができる。
404-23-4近隣商業地域120m2と第二種住居地域80m2にまたがる敷地に、倉庫業を営む倉庫を建築することはできない。×

4.特別用途地区・特定用途制限地域


★過去の出題例★

都市計画法[02]3(2)
特別用途地区・特定用途制限地域

建築基準法[04]4と共通)
 年-問-肢内容正誤
126-18-3
特別用途地区内においては、地方公共団体は、国土交通大臣の承認を得て、条例で、建築物の用途制限を緩和できる。
225-15-2用途地域の一つである特定用途制限地域は、良好な環境の形成又は保持のため当該地域の特性に応じて合理的な土地利用が行われるよう、制限すべき特定の建築物等の用途の概要を定める地域とする。×
322-16-4特定用途制限地域は、用途地域内の一定の区域における当該区域の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定めるものとされている。×
421-19-4特別用途地区内では、条例で、用途地域の制限を緩和することができる。
518-18-4特別用途地区は、用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定める地区である。
614-18-3特別用途地区は、文教地区、観光地区などの11類型の総称であり、主として用途地域による用途規制を強化したり、緩和することにより当該地区の特性にふさわしい特別の目的の実現を図るものである。×
711-17-3特別用途地区は、当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るために定める地区であり、用途地域内においてのみ定めることができる。
810-17-2特別用途地区は、土地の利用の増進、環境の保護等を図るため定める地区であることから、その区域内においては、用途地域で定める建築物の用途に関する制限を強化することができるが、制限を緩和することはできない。×
907-18-1特別用途地区とは、一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため定める地区であり、用途地域が定められていない区域において定められるものである。×
1003-18-2特別用途地区は、特別の目的からする土地利用の増進、環境の保護等を図るために定める地区で、用途地域外であっても、定めることができる。×

5.卸売市場等の特殊建築物

卸売市場・火葬場・と畜場・汚物処理場・ごみ焼却場
→都市計画において敷地の位置が決定しているものでなければ、新築・増築できない。
★過去の出題例★

建築基準法[04]5
卸売市場等の特殊建築物
 年-問-肢内容正誤
126-18-2学校を新築しようとする場合には、法第48条の規定による用途制限に適合するとともに、都市計画により敷地の位置が決定されていなければ新築することができない。×
220-21-4第一種中高層住居専用地域において、火葬場を新築しようとする場合には、都市計画により敷地の位置が決定されていれば新築することができる。×
306-23-2火葬場は、公益上必要な施設であるので、第一種低層住居専用地域を除く全ての用途地域で、建築することができる。×

[Step.1]基本習得編講義


【動画講義を御覧になる方法】
DVD通信講座「基本習得編講座」(全16巻)16,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

[Step.2]実戦応用編講義

「一問一答式問題集」を解き、自己採点をしたうえで、解説講義を御覧ください。

【動画講義を御覧になる方法】
【必須資料】『一問一答式問題』(法令制限)
DVD通信講座「実戦応用編講座」(全22巻)22,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

2019年ロケットスタートキャンペーン

2019年受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい。」かたのためのキャンペーンです。
(1)先に2018年版DVD教材をお送りし、これで勉強をスタートする。
(2)2019年版DVD教材が完成次第、これをお送りする。
という、2段階ロケット方式の学習プランです。

特別ショップクーポンを御利用になれば、
10,000円以上の教材を25%引きで御購入いただけます。

建築基準法[04]用途制限” に対して1件のコメントがあります。

  1. T510 より:

    用途制限の一覧表について
    一覧表の内容について解説されていますが、
    表の作成上の意図について伺います。
    表を色分けされていますが、
    黄色で色分けされた部分や赤で色分けされた部分の理由(意図)は何なのですか?

    最後に一覧表のどこを重点に覚えたらよいのですか?

    1. 家坂 圭一 より:

      ■黄色で色分け
      これは、私のミスです。
      見出し部分を黄色に塗るつもりだったのですが、下半分が白のままになっています。
      2019年版では、見出し全体を黄色にします。

      ■赤で色分け
      用途地域は13種類もあって、どこの列を見ていたか分からなくなりがちです。それを防ぐために、「商業系」の部分に色を付けています。
      見やすくするためだけの目的であって、出題可能性とは関係がありません。

      ■どこを重点的に覚えるか
      どこが出るかは分かりませんし、どこが出ても文句はいえません。
      しかし、この表全部を覚えるのは、大変な苦行です。私も全部は覚えていません。
      「覚えられるだけ覚えて、その範囲から出るのを祈る。」
      という要素がどうしても残ると思います。

      ただし、覚えやすい部分、他の受験生が覚えている部分に抜けがあると、ハンディキャップになってしまいます。具体的にいえば、表の上部(「神社・寺院・教会」~「大学・高専・専修学校/病院」)は確実に記憶しておきましょう。
      それだけでも、今年の問題(大学)には、対応できましたね。
      平成30年問19肢2

      1. T510 より:

        ご回答ありがとうございました。

        「覚えられるだけ覚えて、その範囲から出るのを祈る。」
        その方法しかないのですね。
        覚悟して頑張ります。

        1. 家坂 圭一 より:

          「用途制限から1問出題される。」
          という時代であれば、全力で取り組む価値もありました。

          しかし、最近の宅建試験では、
          (1)平成27年は、出題なし、
          (2)平成28年~30年は、選択肢の一つとして出題、
          という状況。
          しかも、出題されたのは、「飲食店」(28年)、「ホテル又は旅館」(29年)、「大学」(30年)であり、あまり細かいことをきいていません。

          勉強にかけた時間に見合うほどの出題がないので、ハマってしまわないようにしましょう。

          1. T510 より:

            適切なアドバイスありがとうございます。

  2. ドクターX より:

    2.具体的な規制
    の図表(建築物の用途/用途地域)を印刷したら
    なんか活字がはっきりしないのですけど
    クッキリさせることができますか?

    1. ドクターX より:

      「キャバレー」の横に書いてある「料理店」は
      いわゆる「キャバクラ」とか「ラウンジ」「クラブ」と言われてる場所ですか?

      「個室付き浴場(ソープランド)」とか
      他社のテキストに書いてありますが
      過去問で出たことがありますか?

      「ナイトクラブ」とか
      これも他社のテキストに書いてありますけど
      出題の可能性はありますか?
      (「ナイトクラブ」が何なのか?よく分かりませんけど)
      (いわゆる「ディスコ」とか昔いわれてて、いまは「クラブ」とか言われてる場所でしょうか?)

      1. ドクターX より:

        Step.2
        建築基準法 04
        用途制限
        2 具体的な規制
        問題1

        YouTube動画の12分あたり
        「すべての用途地域において、診療所及び病院を建築することができる」で
        「〇」になってますが「×」の間違いですか?

        1. ドクターX より:

          Step2
          建築基準法 04

          YouTube動画の「15:16~15:19」くらいに
          音声が消えてますけど
          機材トラブルですか?

        2. 家坂 圭一 より:

          ×の間違いです。
          御指摘ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です