【宅建過去問】(令和01年問07)弁済受領者

Aを売主、Bを買主として甲建物の売買契約が締結された場合におけるBのAに対する代金債務(以下「本件代金債務」という。)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。 Bが、本件代金債務につき … 続きを読む 【宅建過去問】(令和01年問07)弁済受領者