【宅建過去問】(令和02年問42)8つの規制

宅地建物取引業者Aが、自ら売主として締結する売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)及び民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. Aが宅地建物取引業者ではないBとの間で締結する宅地の売買契約において、当該宅地の種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合におけるその不適合を担保すべき責任を負う期間をBがその不適合を知った時から2年とする特約を定めた場合、この特約は有効である。
  2. Aが宅地建物取引業者ではないCとの間で建築工事の完了前に締結する建物(代金5,000万円)の売買契約においては、Aは、手付金200万円を受領した後、法第41条に定める手付金等の保全措置を講じなければ、当該建物の引渡し前に中間金300万円を受領することができない。
  3. Aが宅地建物取引業者Dとの間で造成工事の完了後に締結する宅地(代金3,000万円)の売買契約においては、Aは、法第41条の2に定める手付金等の保全措置を講じないで、当該宅地の引渡し前に手付金800万円を受領することができる。
  4. Aが宅地建物取引業者ではないEとの間で締結する建物の売買契約において、Aは当該建物の種類又は品質に関して契約の内容に適合しない場合におけるその不適合を担保すべき責任を一切負わないとする特約を定めた場合、この特約は無効となり、Aが当該責任を負う期間は当該建物の引渡日から2年となる。

正解:1&4


>>令和02年(10月)の問題一覧へ

0

LINEアカウントで質問・相談

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを運営しています。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

【宅建過去問】(令和02年問42)8つの規制” に対して3件のコメントがあります。

  1. かみと より:

    裁判したら1は有効になる可能性がある
    買主が不利になるとは断定できないから裁判ならないとわからない
    だから正解は100%間違いな4だね

    0
  2. 水谷、宅建勉強中 より:

    家坂先生、早速、記事を上げて下さりありがとうございます。
    本問の選択肢1の下記の部分について、
    一部の学校内で、「通知する」という言葉が入っていないので、成立に疑義があったようですが、
    通知という言葉は、契約不適合全体を追及するための要件であり、
    この問題は「責任を負う期間」という要素を、限定して問うた問題なので、
    成立に問題はない、ということで良いのでしょうか?

    ~不適合を担保すべき責任を負う期間をBがその不適合を知った時から2年とする特約を定めた場合

    2+
    1. 家坂 圭一 より:

      水谷様

      ご指摘ありがとうございます。
      肢4だけでなく、肢1も「誤っている」記述と判断し、正解を「1&4」に変更しました。
      詳しい理由は、解説で書きます。しばらくお待ちください。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です