【宅建過去問】(令和02年問50)建物に関する知識

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 建物の構成は、大きく基礎構造と上部構造からなっており、基礎構造は地業と基礎盤から構成されている。
  2. 基礎の種類には、基礎の底面が建物を支持する地盤に直接接する直接基礎と、建物を支持する地盤が深い場合に使用する杭基礎(杭地業)がある。
  3. 直接基礎の種類には、形状により、柱の下に設ける独立基礎、壁体等の下に設けるべた基礎、建物の底部全体に設ける布基礎(連続基礎)等がある。
  4. 上部構造は、重力、風力、地震力等の荷重に耐える役目を負う主要構造と、屋根、壁、床等の仕上げ部分等から構成されている。

正解:3


>>令和02年(10月)の問題一覧へ

0

宅建講座(eラーニング/DVD)のご案内

ビーグッド教育企画の宅建講座をご紹介する動画です(上の画像をクリックすると再生が始まります)。
教材のお申込みやお問合せは、当社のWebストアまで。

【宅建過去問】(令和02年問50)建物に関する知識” に対して6件のコメントがあります。

  1. やすひろ より:

    「基礎盤」とは、どの部分のことを指すのでしょうか?

    0
    1. 家坂 圭一 より:

      やすひろ様

      ご質問ありがとうございます。
      地業工事済の水平面に乗っている部分を「基礎盤」と言っているのではないでしょうか。
      従来の過去問で単に「基礎」と言っていたものと同じ部分を指すと思います。

      0
  2. チャイ より:

    コメント失礼致します。
    なぜ、不適当が肢3なのでしょうか?
    何をみてもわからないのですが。

    0
    1. 家坂 圭一 より:

      チャイ様

      ご質問ありがとうございます。

      なぜ、不適当が肢3なのでしょうか?

      正しくは、
      ・壁体等の下に設ける基礎=布基礎(連続基礎)
      ・建物の底部全体に設ける=べた基礎
      です。
      この問題では両者が逆になっているので、この肢が不適切です。

      何をみてもわからないのですが。

      あれこれ調べなくても、
      当社の教材に、図解入りで掲載しております。。。

      【講義編】免除科目[04]建物に関する知識
      6.建築物の基礎
      (2).直接基礎・杭基礎

      1+
      1. チャイ より:

        ありがとうございます。
        わかりました。
        私が持っていたテキストには載っていなかったような。
        流し読みしてしまったような。

        0
        1. 家坂 圭一 より:

          疑問が解決できてよかったです。
          他社さんのテキストについては、その内容を存じ上げません。
          ご自身でご確認ください。

          0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です