【宅建過去問】(令和03年問38)一般媒介契約(個数問題)

 


宅地建物取引業者Aが、宅地建物取引業者BからB所有の建物の売却を依頼され、Bと一般媒介契約(以下この問において「本件契約」という。)を締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはいくつあるか。

 

  • ア 本件契約を締結する際に、Bから有効期間を6か月としたい旨の申出があったが、AとBが協議して、有効期間を3か月とした。
  • イ 当該物件に係る買受けの申込みはなかったが、AはBに対し本件契約に係る業務の処理状況の報告を口頭により14日に1回以上の頻度で行った。
  • ウ Aは本件契約を締結した後、所定の事項を遅滞なく指定流通機構に登録したが、その登録を証する書面を、登録してから14日後にBに交付した。
  • エ 本件契約締結後、1年を経過しても当該物件を売却できなかったため、Bは売却をあきらめ、当該物件を賃貸することにした。そこでBはAと当該物件の貸借に係る一般媒介契約を締結したが、当該契約の有効期間を定めなかった。
  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ

正解:4


>>令和03年(10月)の問題一覧へ

解説動画公開中

令和3年10月本試験の解説動画を次々公開しています!
『本試験解説DVD』『本試験解説PDF』の無料プレゼントも実施中です。お早めにお申し込みください。

【宅建過去問】(令和03年問38)一般媒介契約(個数問題)” に対して2件のコメントがあります。

  1. WANG YONGHONG より:

    うには、「その登録を証する書面を、登録してから14日後にBに交付した」があり、教科書には「その登録を証する書面を、遅滞なくBに交付した」となっており、なぜ違反しないと理解できないです!先生のご回答を待ちしております。

    1. 家坂 圭一 より:

      WANG YONGHONG様

      質問をいただいたので、他の問題に優先して解説動画を公開しました。
      「問題文」で分かりますように、本問は「一般媒介契約」に関する問題です。
      したがって、指定流通機構への登録に関する規制は、適用されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です