【宅建過去問】(令和03年12月問10)抵当権と賃借権

Aは、Bからの借入金の担保として、A所有の甲建物に第一順位の抵当権(以下この問において「本件抵当権」という。)を設定し、その登記を行った。AC間にCを賃借人とする甲建物の一時使用目的ではない賃貸借契約がある場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。

  1. 本件抵当権設定登記後にAC間の賃貸借契約が締結され、AのBに対する借入金の返済が債務不履行となった場合、Bは抵当権に基づき、AがCに対して有している賃料債権を差し押さえることができる。
  2. Cが本件抵当権設定登記より前に賃貸借契約に基づき甲建物の引渡しを受けていたとしても、AC間の賃貸借契約の期間を定めていない場合には、Cの賃借権は甲建物の競売による買受人に対抗することができない。
  3. 本件抵当権設定登記後にAC間で賃貸借契約を締結し、その後抵当権に基づく競売手続による買受けがなされた場合、買受けから賃貸借契約の期間満了までの期間が1年であったときは、Cは甲建物の競売における買受人に対し、期間満了までは甲建物を引き渡す必要はない。
  4. Cが本件抵当権設定登記より前に賃貸借契約に基づき甲建物の引渡しを受けていたとしても、Cは、甲建物の競売による買受人に対し、買受人の買受けの時から1年を経過した時点で甲建物を買受人に引き渡さなければならない。

正解:1


>>令和03年(12月)の問題一覧へ

【令和4年受験用講座】ロケットスタートキャンペーン

令和4年度受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい」かたのためのキャンペーンです。
本試験の日程を変更することができない以上、早くスタートした人が有利なのは、絶対の真理といえるでしょう。
スタートダッシュを決めたいかたのために、「ロケットスタートキャンペーン」を実施中!
全教材が25%割引!でご購入いただけます。
(キャンペーン期間は、2022年1月31日(月)までです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です