【宅建過去問】(令和03年12月問29)免許の更新・廃業等の届出


次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 宅地建物取引業の免許の有効期間は5年であり、免許の更新の申請は、有効期間満了の日の90日前から30日前までの間に行わなければならない。
  2. 宅地建物取引業者から免許の更新の申請があった場合において、有効期間の満了の日までにその申請について処分がなされないときは、従前の免許は、有効期間の満了後もその処分がなされるまでの間は、なお効力を有する。
  3. 個人である宅地建物取引業者A(甲県知事免許)が死亡した場合、Aの相続人は、Aの死亡の日から30日以内に、その旨を甲県知事に届け出なければならない。
  4. 法人である宅地建物取引業者B(乙県知事免許)が合併により消滅した場合、Bを代表する役員であった者は、その日から30日以内に、その旨を乙県知事に届け出なければならない。

正解:3


>>令和03年(12月)の問題一覧へ

【令和4年受験用講座】ロケットスタートキャンペーン

令和4年度受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい」かたのためのキャンペーンです。
本試験の日程を変更することができない以上、早くスタートした人が有利なのは、絶対の真理といえるでしょう。
スタートダッシュを決めたいかたのために、「ロケットスタートキャンペーン」を実施中!
全教材が25%割引!でご購入いただけます。
(キャンペーン期間は、2022年1月31日(月)までです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です