【宅建過去問】(令和03年12月問47)景品表示法

宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 新築分譲マンションの販売広告において、近隣のデパート、スーパーマーケット、商店等の商業施設は、将来確実に利用できる施設であっても、現に利用できるものでなければ表示することができない。
  2. 有名な旧跡から直線距離で1,100mの地点に所在する新築分譲マンションの名称に当該旧跡の名称を用いることができる。
  3. 土地の販売価格については、1区画当たりの価格並びに1㎡当たりの価格及び1区画当たりの土地面積のいずれも表示しなければならない。
  4. 新築分譲マンションの修繕積立金が住戸により異なる場合、広告スペースの関係で全ての住戸の修繕積立金を示すことが困難であっても、修繕積立金について全住戸の平均額で表示することはできない。

正解:4


>>令和03年(12月)の問題一覧へ

【令和4年受験用講座】ロケットスタートキャンペーン

令和4年度受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい」かたのためのキャンペーンです。
本試験の日程を変更することができない以上、早くスタートした人が有利なのは、絶対の真理といえるでしょう。
スタートダッシュを決めたいかたのために、「ロケットスタートキャンペーン」を実施中!
全教材が25%割引!でご購入いただけます。
(キャンペーン期間は、2022年1月31日(月)までです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です