[Step.1]宅建業法の動画を一部訂正します。


[Step.1]基本習得編講座の解説動画のうち、以下の箇所に誤りがありました。
お詫びするとともに訂正させていただきます。

【科 目】宅建業法
【大項目】[12]契約書面(37条書面)
【小項目】[3]35条書面と37条書面の比較

【訂正内容】
画面上に表示される「表」の内容が誤っていました。
講義の音声に誤りはありません。

LINE@アカウントを開設しました。

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINE@アカウントを開設しました。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

[Step.1]宅建業法の動画を一部訂正します。” に対して1件のコメントがあります。

  1. chibagin より:

    家坂さん初めまして。年度別過去問DVDを購入しました。今年の試験頑張ろうと思います!質問ですが、ビーグッドの無料の一問一答は問題数は何問ありますか? やはりスリーステップ方式で学習するのが最善策ですか?

    1. 家坂 圭一 より:

      chibagin様

      初めまして。
      「10年分過去問題集」を御購入いただいたのでしょうか。
      本当にありがとうございました。
      以下、質問にお答えします。

      【Q1】ビーグッドの無料の一問一答は問題数は何問ありますか?

      数えてみました。
      宅建業法:1,088問
      権利関係:1,036問
      法令制限: 646問
      税・鑑定: 231問
      免除科目: 232問
      で、合計問題数は、3,233問です。
      これだけの問題(過去問の選択肢)が、体系的に並んでいるのですから、一問一答式問題集の学習効果が高いのも当然だと思います。

      「無料公開」している『一問一答式問題集』は、「有料」教材である『[Step.2]実戦応用編講座』で使っているのと全く同一のものです。
      「有料」「無料」という区別は、一切ありません。

      【Q2】 やはりスリーステップ方式で学習するのが最善策ですか?

      当社では、そのように考えています。
      しかし、全ての受講生にとって「最善策」といえるかどうか、は分かりません。
      他の講師のかたや他校さんにも色々なメソッドがおありだと思うからです。

      それぞれの指導方針を確認し、chibaginさんに最適なものをお選びいただくのがベストだと思います。

      当社のスリー・ステップ学習法については、以下の記事で解説しています。
      また、学習内容を無料で体験できるDVDを無料でプレゼントしています。
      是非とも御覧ください。
      https://e-takken.tv/3step_taiken/

      御質問への回答は、以上です。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      1. chibagin より:

        先程はお手数かけました。大変問題数が充実していて驚きです!!あともうひとつ知りたいのですが、DVDやwebで解説を辿ると過去何年に出題があった選択肢問題かわかると思いますが、家坂さんが分析してABCランクに仕分けするとしたら、過去どれくらいの頻出度だと重要度がAランクかBランクか等も同時にわかると嬉しいです‼

        1. 家坂 圭一 より:

          御返信ありがとうございます。
          「ABCランク分け」というのは、当社では実施していません。
          単純に、
          「過去に多く出された論点は、今年の試験でも重要論点である。」
          と考えています。
          したがって、このサイトの「類似過去問」の一覧表を見れば、重要度は、一目瞭然です。

          また、当社の教材では、
          「過去に複数回出題された論点については、講義で触れる。」
          ことを基本方針にしています。
          「一回だけ出題された」というような知識を除いて、漏れや抜けはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です