『本試験解説PDF』サンプル版を公開

無料プレゼント受付中の『令和元年度宅建本試験解説PDF』、サンプルができましたので、公開します。
(下の画像をクリックすると、サンプルのPDFが開きます。)

類書と異なる特長は、以下の点にあります。
そして、これらが、「過去問徹底による効率的合格方法」を提唱する当社の教材の特長でもあります。

本書の特長

【特長1】図や表を使ってビジュアルに解説していること

「図を使って考えましょう。」
「登場人物の関係を必ず図示しましょう。」
という講師は多いのですが、実際の解説書を見ると、文字ばっかり。
ウンザリしてしまいます。

話が違いませんか?無責任ではありませんか?

当社の解説では、「図」を示しつつ、解説を進めます。
また、知識を整理するための「表」も提示します。
類書とは、理解のスピードが違います。

【特長2】基本知識の講義とリンクしていること

「過去問解説」というと、その問題の解説だけに終止し、
「基本知識の確認は各自でどうぞ。」
となっているものが多いようです。

だから成果が上がらないのです。

過去問を解き、間違えたとき、知識のアヤフヤさに気付いたとき、
そこが基本知識を復習するベストタイミング。
本書を使えば、「参照項目」のリンクをクリックするだけで、基本知識を確認することができます。

【特長3】他の過去問とリンクしていること

苦手論点を克服するためには、
「同一論点の過去問を集中的に解く。」
方法がベストです。
しかし、類書では、「◯年出題」とか、せいぜい「△年問□」と書いてあるだけ。
実際の出題内容は、過去問集を引っ張り出して、自分で確認しなければなりません。また、あちこちの年度を行ったり来たりする必要があります。

こんなのやってられません。

本書では、「直前の出題」をクリックすれば、同一論点の過去問にリンクします。
さらに、過去問の選択肢には、「類似過去問」の一覧表が示されています。これを使えば、過去31年分(平成元年~令和元年)の過去問全問にチャレンジすることができます。

お申込み受付中

「先着2,000名様限定」ですが、まだまだ受付中です。
下の黄色いバナーから「登録フォーム」に進んでください。
(教材の公開は、11月20日(水)を予定しています。)

【令和2年度受験】ロケットスタートキャンペーン

令和2年度受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい」かたのためのキャンペーンです。

特別ショップクーポンを御利用になれば、
10,000円以上の教材を25%引きで御購入いただけます(12月15日まで)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です