【宅建過去問】(平成30年問48)統計


次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 建築着工統計(平成30年1月公表)によれば、平成29年の新設住宅着工戸数は前年比0.3%の増加だったが、新設住宅のうち、分譲住宅の着工戸数は前年比1.9%の減少となった。
  2. 平成28年度法人企業統計年報(平成29年9月公表)によれば、平成28年度における全産業の売上高は前年度に比べ1.7%増加したが、不動産業の売上高は9.1%減少した。
  3. 平成30年地価公示(平成30年3月公表)によれば、平成29年1月以降の1年間の地価変動率は、住宅地の全国平均では、昨年の横ばいから10年ぶりに上昇に転じた。
  4. 平成30年版土地白書(平成30年6月公表)によれば、土地取引について、売買による所有権移転登記の件数でその動向を見ると、平成29年の全国の土地取引件数は132万件となり、5年連続で減少した。

正解:3

1 誤り

平成29年の新設住宅着工戸数は、総計で見ると前年比0.3%の減少でした。そのうち分譲住宅の着工戸数については、前年比で1.9%増加しています。本肢は、「減少」と「増加」が逆になっています。

2 誤り

平成28年度における全産業の売上高は前年度に比べ1.7%増加しました(ここまでは正しい)。また、不動産業の売上高も、対前年比で9.1%増加しています。本肢は、これを「減少」とする点が誤りです。

3 正しい

平成29年1月以降の1年間の地価変動率は、住宅地の全国平均では、昨年の横ばいから10年ぶりに上昇に転じました。

 

4 誤り

売買による所有権移転登記の件数を見ると、平成29年の全国の土地取引件数は約132万件であり、3年連続で増加しています。本肢は、「5年連続で減少」とする点が誤りです。


>>平成30年の問題一覧へ

2019年ロケットスタートキャンペーン

2019年受験に向けて「1日でも早く勉強を始めたい。」かたのためのキャンペーンです。
(1)先に2018年版DVD教材をお送りし、これで勉強をスタートする。
(2)2019年版DVD教材が完成次第、これをお送りする。
という、2段階ロケット方式の学習プランです。

特別ショップクーポンを御利用になれば、
10,000円以上の教材を25%引きで御購入いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です