必要な過去問を探す方法

このサイトには、平成元年~令和3年まで、33年間35回分の過去問とその解説が掲載されています。
素晴らしく充実していると思うのですが(自画自賛)、
「コンテンツが多過ぎて、どこを見たらいいか、分かりにくい。」
というお声を頂戴することもあります。

ここでは、当サイトの膨大なコンテンツの中から、
自分に必要な情報を素早く見つける方法を紹介しましょう。

1 特定の過去問が見たい。

「市販の過去問集で解説を読んだけれども、問◯の解説が納得できない。」
というような場合に、その問題に対するこのサイトでの解説を見るための方法です。

やりかたは簡単で、URLの末尾部分を
https://e-takken.tv/XX-YY/
のように指定するだけです。
ここで、XXは「出題年度」、YYは「問題番号」を意味します。

(1).XX=出題年度

元号と年度を組み合わせて、以下のように書きます。

年度 XXの書き方
平成元年 H01
平成15年 H15
平成30年 H30
令和元年 R01
令和2年(10月試験) R02
令和2年(12月試験) R02s
令和3年(10月試験) R03
令和3年(12月試験) R03s
令和4年 R04
(2).YY=問題番号

問◯の◯部分を、01~50の2ケタ数字で書いてください。

(3).具体例

例えば、「平成元年年問5」の解説が見たいときには、
https://e-takken.tv/H01-05/
「令和2年12月問2」の解説が見たいときには、
https://e-takken.tv/R02s-02/
と指定してください。
その問題の解説に直接ジャンプすることができます。

2 特定年度の過去問が見たい。

「ある年度の問題全体を見たい。」
という場合には、特定年度の問題リストを見る方法があります。
もちろん一覧リストから、個別の問題や解説を見ることも可能です。

こういうときには、URLの末尾部分を
https://e-takken.tv/XX/
と指定してください。
XXは「出題年度」の意味で、書き方は、上にある表の通りです。

例えば、平成16年の問題・解説を見たいときには、
https://e-takken.tv/H16/
と指定することになります。

3 特定の用語を含む過去問が見たい。

「平成29年問22を解いていたら、肢1の『津波防護施設区域』という用語が気になった。この言葉は、過去にも出題されているのだろうか。」

こういう疑問を持ったときに使えるのが、
左サイドバーにある「サイト内検索」の機能です。

ここの空欄に、“津波防護施設区域”と入れて、検索してみましょう。
すると、この言葉が関連する過去問を全問チェックすることができます。

“津波防護施設区域”の検索例

4 他にもあります。便利な機能

(1).類似過去問へのリンク

過去問の各選択肢から、それぞれの「類似過去問」をまとめて見ることも可能です。
各選択肢の下にある「類似過去問」の欄を使ってください。「内容を見る」をクリックすると、各選択肢の類似過去問(正確には類似選択肢)を見ることができます。

苦手項目を得意にするコツは、「類似問題を集中的に研究する。」ことにあります。
「これが出たらヤバイ!」と思ったときこそが、その論点を得点源にする最大のチャンス。
時間はかかりますが、類題を集中的に解き、徹底的に復習しておきましょう。

(2).テキストの項目順に見る方法

テキストの項目順、言い換えれば学習の体系順に過去問を見れば、テキストの学習と並行して、気になる個所の過去問をチェックすることができます。
これを実現するのが、「項目別」のコンテンツです(【講義編】と呼ぶこともあります)。
【項目別】の全体目次
から、各項目をご覧ください。

YouTubeメンバーシップ開始!!

YouTubeの「メンバーシップ制度」を利用して、「年度別過去問メンバー」を募集します。
メンバーになると、月額1,790円で「年度別過去問」の解説講義を視聴することが可能です。
メンバー限定で平成24年~30年の過去問解説を公開中。無料で一般公開している令和元年~3年を合わせれば、過去10年・12回分の過去問解説を視聴することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。