平成27年(2015年)本試験過去問INDEX

平成27年度宅建本試験の実施状況は以下の通りでした。

受験者数 194,926人
合格者数 30,028人
合格率(倍率) 15.40%
合格点 31点

出題された問題の一覧です。
※「出題項目」欄のLINKから各問題(&解説)をご覧いただけます。

>>全年度の一覧に戻る

問題 出題項目 正解
問01 民法に規定されているもの 4
問02 通謀虚偽表示 2
問03 賃貸借と使用貸借の比較 4
問04 取得時効 3
問05 占有 3
問06 抵当権 2
問07 抵当権の処分 2
問08 同時履行の抗弁権 1
問09 転貸借【判決文の読取り】 1
問10 遺言・遺留分 4
問11 借地借家法(借家) 4
問12 定期建物賃貸借 1
問13 区分所有法 1
問14 不動産登記法 4
問15 都市計画法 4
問16 都市計画法 1
問17 建築基準法 3
問18 建築基準法 2
問19 宅地造成等規制法 2
問20 土地区画整理法 4
問21 国土利用計画法 1
問22 農地法 4
問23 住宅取得等資金の贈与税の非課税 3
問24 固定資産税 4
問25 地価公示法 1
問26 「宅地」の定義・免許の要否【個数問題】 1
問27 免許の基準 4
問28 専任媒介契約 4
問29 重要事項の説明 2
問30 専任媒介契約 3
問31 重要事項の説明 2
問32 重要事項の説明 2
問33 報酬【組合せ問題】 3
問34 8つの規制 3
問35 宅地建物取引士 4
問36 8つの規制【個数問題】 1
問37 広告・契約時期の制限 3
問38 契約書面【個数問題】 2
問39 8つの規制 3
問40 8つの規制【個数問題】 4
問41 業務の規制【個数問題】 1
問42 営業保証金供託と保証協会加入の比較 3
問43 監督処分 2
問44 標識の掲示・案内所の届出 2
問45 住宅瑕疵担保履行法 4
問46 住宅金融支援機構 3
問47 景品表示法 3
問48 統計 2
問49 土地に関する知識 3
問50 建物に関する知識 1

>>全年度の一覧に戻る

 

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

平成27年(2015年)本試験過去問INDEX” に対して1件のコメントがあります。

  1. ドクターX より:

    問8
    問28
    問30
    問31

    が個数問題ですけど
    【個数問題】と書いてませんが
    理由でも?

    1. 家坂 圭一 より:

      年度により表記に揺れがあることは認識しております。
      徐々に統一していきますので、御容赦ください。

  2. やまと たける より:

    問38の選択肢アの解説動画で、瑕疵担保責任の履行措置の記載は、37条書面のみで35条書面には不要と説明されています。誤りではないですか。

    1. 家坂 圭一 より:

      やまと たける様

      御質問ありがとうございます。
      動画内では、「35条書面でも必須的記載事項である。」旨を説明しています。
      https://youtu.be/dLU2tOpM9Uc?t=45
      の0:45~0:52を御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です