【宅建過去問】(平成16年問07) 相隣関係

次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 土地の所有者は、隣地から雨水が自然に流れてくることを阻止するような工作物を設置することはできない。
  2. 土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用をもって、境界標を設置することができる。
  3. 土地の所有者は、隣地から木の枝が境界線を越えて伸びてきたときは、自らこれを切除できる。
  4. 土地の所有者は、隣地から木の根が境界線を越えて伸びてきたときは、自らこれを切除できる。

正解:3

1 正しい

隣地から雨水が自然に流れてくることを妨げることはできない(民法214条)。

2 正しい

土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用で、境界標を設けることができる(民法223条)。

■類似過去問(境界標)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
116-07-2土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用をもって、境界標を設置することができる。
211-02-2土地所有者は隣地の所有者と共同の費用で境界標を設置することができ、設置工事の費用は、両地の広さに応じて分担する。×

3 誤り

隣地から竹木の枝が境界線を越えて伸びてきた場合、竹木の所有者に枝を切除させることができる(民法233条1項)。自らが切除することはできない。

■類似過去問(竹木の枝・根)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
121-04-3枝は竹木所有者に切除させることができ、根は隣地所有者自ら切り取ることができる。
216-07-3伸びてきた枝を、隣地所有者自ら切除できる。×
316-07-4伸びてきた根を、隣地所有者自ら切除できる。
411-02-3伸びてきた根は、竹木所有者に切除させることができるが、隣地所有者自ら切除することはできない。×

4 正しい

隣地から竹木の根が境界を越えて伸びてきた場合、これを切断することができる(民法233条2項)。

■類似過去問(竹木の枝・根)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
121-04-3枝は竹木所有者に切除させることができ、根は隣地所有者自ら切り取ることができる。
216-07-3伸びてきた枝を、隣地所有者自ら切除できる。×
316-07-4伸びてきた根を、隣地所有者自ら切除できる。
411-02-3伸びてきた根は、竹木所有者に切除させることができるが、隣地所有者自ら切除することはできない。×

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です