【宅建過去問】(平成18年問07)連帯保証・物上保証

A銀行のB社に対する貸付債権につき、Cは、B社の委託を受けその全額につき連帯保証するとともに、物上保証人として自己の所有する土地に担保設定している。DもB社の委託を受け全額につき連帯保証している。保証人各自の負担部分は平等である。A銀行とB、C及びDとの間にその他特段の約定はない。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. Cが、A銀行に対して債権全額につき保証債務を履行した場合、その全額につきB社に対する求償権を取得する。
  2. Cが、A銀行に対して債権全額につき保証債務を履行した場合、その半額につきDに対する求償権を取得する。
  3. Cが、担保物の処分代金により、A銀行に対して債権の3分の2につき物上保証に基づく弁済をした場合、Cが取得するB社に対する求償権は、A銀行のB社に対する貸付債権に劣後する。
  4. Dが、Aに対して債権全額につき保証債務を履行した場合、Cの物上保証の担保物件の価額相当額につきCに対する求償権を取得する。

正解:4

18-07-0a

1 正しい

18-07-1債務者Bの委託を受けた連帯保証人Cは、債権者Aに対して債務全額の保証債務を履行している。この場合、Cは、債務者Bに対して、債務全額につき求償権を取得する(民法459条1項)。

※債務者でなく保証人に過ぎないCが債務を履行した以上、本来の債務者Bに求償できるのは当然である。

■類似過去問(連帯保証)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
構造
116-06-1債権者は、主債務者と連帯保証人に対し、それぞれ債務全額を請求できる。
連帯保証人間の分別の利益
122-08-4連帯保証人には分別の利益がない。
205-04-2連帯保証人には分別の利益がある。×
求償
118-07-1主たる債務者の委託を受けた連帯保証人が、債権全額につき保証債務を履行した場合、その全額につき債務者に求償できる。
218-07-2連帯保証人が2人いる場合で連帯保証人の1人が債務全額を弁済した場合、その連帯保証人は、その半額につき他の連帯保証人に求償できる。
316-06-3主たる債務者の委託を受けた連帯保証人が、債権全額につき保証債務を履行した場合、その半額についてのみ債務者に求償できる。×
405-04-4連帯保証人が2人いる場合で連帯保証人の1人が債務全額を弁済した場合、その連帯保証人は主債務者には求償できるが、他の連帯保証人には求償できない。×

2 正しい

18-07-2連帯保証人Cが、債務者Aに対して債務全額の保証債務を履行している。
ここで、DもC同様に連帯保証人であり、負担部分は平等である。
この場合、CはDに対して、自分の負担部分を超えた額についての求償権を取得する(民法465条1項、民法442条1項)。

■類似過去問(連帯保証)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
構造
116-06-1債権者は、主債務者と連帯保証人に対し、それぞれ債務全額を請求できる。
連帯保証人間の分別の利益
122-08-4連帯保証人には分別の利益がない。
205-04-2連帯保証人には分別の利益がある。×
求償
118-07-1主たる債務者の委託を受けた連帯保証人が、債権全額につき保証債務を履行した場合、その全額につき債務者に求償できる。
218-07-2連帯保証人が2人いる場合で連帯保証人の1人が債務全額を弁済した場合、その連帯保証人は、その半額につき他の連帯保証人に求償できる。
316-06-3主たる債務者の委託を受けた連帯保証人が、債権全額につき保証債務を履行した場合、その半額についてのみ債務者に求償できる。×
405-04-4連帯保証人が2人いる場合で連帯保証人の1人が債務全額を弁済した場合、その連帯保証人は主債務者には求償できるが、他の連帯保証人には求償できない。×

3 正しい

判例(最判昭60.5.23)は、以下のように考える。

18-07-3

  1. 物上保証人であるCが弁済をしているから、債務者Bに対して求償権を取得する(民法372条、351条)。
  2. しかし、Cが弁済をしたのは債務の2/3に過ぎず、残額1/3に関しては依然債権が存続している。また、債務全額の弁済が済んでいない以上、担保権は消滅しない(民法372条、296条)。
  3. この場合、代位弁済者Cの求償権は、債権者Aの債権に劣後する(最判昭60.5.23)。

4 誤り

18-07-4連帯保証人Dが、債務者Aに対して債務全額の保証債務を履行している。この場合、DはAに対して代位する。この代位の範囲には担保権も含まれる(民法500条、501条)。
ここで、CもD同様に連帯保証人であり、負担部分は平等である。この場合、DはCに対して、自分の負担部分を超えた額(債権の半額)についての求償権を取得する(民法465条1項、442条1項)。
担保物件の価額相当額ではない。


>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「ガイダンス動画」です。