【宅建過去問】(平成25年問41)従業者名簿・業務帳簿

宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、その事務所ごとにその業務に関する帳簿を備えなければならないが、当該帳簿の記載事項を事務所のパソコンのハードディスクに記録し、必要に応じ当該事務所においてパソコンやプリンターを用いて紙面に印刷することが可能な環境を整えていたとしても、当該帳簿への記載に代えることができない。
  2. 宅地建物取引業者は、その主たる事務所に、宅地建物取引業者免許証を掲げなくともよいが、国土交通省令で定める標識を掲げなければならない。
  3. 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、宅地建物取引業に関し取引のあった月の翌月1日までに、一定の事項を記載しなければならない。
  4. 宅地建物取引業者は、その業務に従事させる者に、従業者証明書を携帯させなければならないが、その者が宅地建物取引士で宅地建物取引士証を携帯していれば、従業者証明書は携帯させなくてもよい。

正解:2

1 誤り

宅建業者は、事務所ごとに、業務に関する帳簿を備え、取引のあったつど、所定事項を記載しなければならない(宅地建物取引業法49条)。この帳簿は、各事業年度の末日に閉鎖し、閉鎖後5年間(宅建業者が自ら売主となる新築住宅に係るものについては10年間)帳簿を保存しなければならない(同法施行規則18条3項)。
もともとは、ペーパーの帳簿を意味していたが、現在では、それに限られない。必要事項がコンピュータのファイル・磁気ディスクに記録され、必要なときは紙面に印刷できるのであれば、目的を達成可能だからである。そこで、電磁的方法による帳簿の作成・保存が認められている。

■類似過去問(帳簿の備付け)
内容を見る
宅建業法[08]4(2)
業務帳簿の備付け

 年-問-肢内容正誤
129-28-ア
宅地建物取引業者Aは、法第49条に規定されている業務に関する帳簿について、業務上知り得た秘密が含まれているため、当該帳簿の閉鎖後、遅滞なく、専門業者に委託して廃棄した。×
229-35-1
宅地建物取引業者は、自ら貸主として締結した建物の賃貸借契約について、法第49条に規定されている業務に関する帳簿に、法及び国土交通省令で定められた事項を記載しなければならない。×
329-35-2
宅地建物取引業者は、その業務に関する帳簿を、一括して主たる事務所に備えれば、従たる事務所に備えておく必要はない。
×
429-35-3
宅地建物取引業者は、その業務に関する帳簿に報酬の額を記載することが義務付けられており、違反した場合は指示処分の対象となる。
528-29-ウ宅建業者は、その事務所ごとに備えるべきこととされている業務に関する帳簿について、取引関係者から閲覧の請求を受けたが、閲覧に供さなかったとしても、宅建業法に違反しない。
625-41-1帳簿の記載事項を事務所のパソコンのハードディスクに記録し、パソコンやプリンターにより印刷可能な環境を整えていたとしても、帳簿への記載に代えることができない。×
725-41-3事務所ごとに備え、取引のあった月の翌月1日までに、一定事項を記載しなければならない。×
824-40-エ事務所ごとに備え閉鎖後5年保存(自ら売主となる新築住宅に係るものは10年間)。
922-29-3各事務所の帳簿を主たる事務所に一括して保存。×
1021-43-4取引に係る事項を翌月10日までに記載しなければならない。×
1120-42-2取引関係者の請求があれば、閲覧に供する義務がある。×
1219-45-3事務所ごと備える帳簿は電磁的記録でもよい。
1318-42-3事務所ごとに帳簿を備え、取引のつど、必要事項を記載しなければならない。
1416-45-4一定期間ごとでなく、そのつど記載しなければならない。
1515-40-1各事務所の帳簿を主たる事務所に一括して保存。×
1612-42-1各事務所の帳簿を主たる事務所に一括して保存。×
1712-42-2閉鎖後5年間保存(自ら売主となる新築住宅に係るものは10年間)。
1812-42-4帳簿の備付けを怠った場合でも、罰金刑に処せられることはない。×
1908-36-3閉鎖後2年で焼却。×
2002-38-2取引の終了後5年保存。×
2102-38-4帳簿の備付けを怠った場合、10万円以下の過料に処せられることがある。×

2 正しい

宅建業者は、事務所等の公衆の見やすい場所に、国土交通省令に定める標識を掲げなければならない(宅地建物取引業法50条1項)。
一方、宅地建物取引業者免許証については、掲示の義務はない。

■類似過去問(免許証の掲示)
内容を見る
宅建業法[08]3(3)
免許証の掲示
 年-問-肢内容正誤
125-41-2免許証を掲示せず、標識のみ掲示。
222-29-1免許証と標識の双方を掲示する義務。×
315-40-4免許証を掲示せず、標識のみ掲示。

3 誤り

(肢1参照。)
帳簿の記載は、宅建業に関し取引のあったつど行わなければならない(宅地建物取引業法49条)。
翌月1日までに記載するのでは遅すぎる。

■類似過去問(帳簿の備付け)
内容を見る
宅建業法[08]4(2)
業務帳簿の備付け

 年-問-肢内容正誤
129-28-ア
宅地建物取引業者Aは、法第49条に規定されている業務に関する帳簿について、業務上知り得た秘密が含まれているため、当該帳簿の閉鎖後、遅滞なく、専門業者に委託して廃棄した。×
229-35-1
宅地建物取引業者は、自ら貸主として締結した建物の賃貸借契約について、法第49条に規定されている業務に関する帳簿に、法及び国土交通省令で定められた事項を記載しなければならない。×
329-35-2
宅地建物取引業者は、その業務に関する帳簿を、一括して主たる事務所に備えれば、従たる事務所に備えておく必要はない。
×
429-35-3
宅地建物取引業者は、その業務に関する帳簿に報酬の額を記載することが義務付けられており、違反した場合は指示処分の対象となる。
528-29-ウ宅建業者は、その事務所ごとに備えるべきこととされている業務に関する帳簿について、取引関係者から閲覧の請求を受けたが、閲覧に供さなかったとしても、宅建業法に違反しない。
625-41-1帳簿の記載事項を事務所のパソコンのハードディスクに記録し、パソコンやプリンターにより印刷可能な環境を整えていたとしても、帳簿への記載に代えることができない。×
725-41-3事務所ごとに備え、取引のあった月の翌月1日までに、一定事項を記載しなければならない。×
824-40-エ事務所ごとに備え閉鎖後5年保存(自ら売主となる新築住宅に係るものは10年間)。
922-29-3各事務所の帳簿を主たる事務所に一括して保存。×
1021-43-4取引に係る事項を翌月10日までに記載しなければならない。×
1120-42-2取引関係者の請求があれば、閲覧に供する義務がある。×
1219-45-3事務所ごと備える帳簿は電磁的記録でもよい。
1318-42-3事務所ごとに帳簿を備え、取引のつど、必要事項を記載しなければならない。
1416-45-4一定期間ごとでなく、そのつど記載しなければならない。
1515-40-1各事務所の帳簿を主たる事務所に一括して保存。×
1612-42-1各事務所の帳簿を主たる事務所に一括して保存。×
1712-42-2閉鎖後5年間保存(自ら売主となる新築住宅に係るものは10年間)。
1812-42-4帳簿の備付けを怠った場合でも、罰金刑に処せられることはない。×
1908-36-3閉鎖後2年で焼却。×
2002-38-2取引の終了後5年保存。×
2102-38-4帳簿の備付けを怠った場合、10万円以下の過料に処せられることがある。×

4 誤り

宅建業者の従業者は、従業者証明書を常に携帯しなければならず、また、取引関係者の請求があったときは、従業者証明書を提示する必要がある(宅地建物取引業法48条1項・2項)。
これを宅地建物取引士証で代替することはできない。

■類似過去問(従業者証明書の提示)
内容を見る
宅建業法[08]4(4)
従業者証明書(提示する義務)

 年-問-肢内容正誤
129-37-4
宅地建物取引士は、取引の関係者から請求があったときは、従業者証明書を提示しなければならないが、法第35条に規定する重要事項の説明をする際は、宅地建物取引士証の提示が義務付けられているため、宅地建物取引士証の提示をもって、従業者証明書の提示に代えることができる。
×
228-38-イ
従業者証明書の提示を求められたとしても、宅建業者の代表取締役である宅建士は、当該証明書がないので提示をしなくてよい。
×
321-43-1従業者証明書の代わりに、従業者名簿or宅建士証の提示で足りる。×
419-45-1従業者証明書の代わりに、宅建士証を提示すればよい。×
515-40-2従業者証明書の代わりに、宅建士証を提示すればよい。×
608-36-2従業者証明書の代わりに、宅建士証を提示すればよい。×
704-48-4取引関係者から請求がなくても、従業者証明書を提示しなければならない。×

>>年度目次に戻る

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です