建築基準法[05]建蔽率

建蔽率とは、建築物の建築面積の敷地面積に対する割合という意味です。例えば、100㎡の土地に60㎡の建築面積が許されている場合、建蔽率10分の6と表現します。
建蔽率は、都市計画で定められますが、一定の条件をみたした場合には割増を受けたり、無制限になったりします。

1.建蔽率

(1).建蔽率とは

建築物の建築面積の敷地面積に対する割合

(2).建蔽率の限度

具体的には、都市計画で定める
(商業地域の建蔽率は8/10と法定されている。この数字は覚えておくこと)

2.建蔽率の割増

(1).建蔽率が無制限になる場合

(2).1/10割増になる場合

3.異なる用途地域にまたがる場合の建蔽率

(1).考えられるヒッカケ
  1. それぞれの建蔽率の数値を足して2で割る。
  2. 制限が厳しいほうを適用する。
  3. 敷地の過半が属するほうを適用する。
(2).正しい計算方法=按分計算


★過去の出題例★

異なる地域にまたがる場合の建蔽率建築基準法[05]3
 年-問-肢内容正誤
127-18-2建築物の敷地が建蔽率に関する制限を受ける地域又は区域の2以上にわたる場合においては、当該建築物の建蔽率は、当該各地域又は区域内の建築物の建蔽率の限度の合計の2分の1以下でなければならない。×
202-23-2建築物の敷地が第二種中高層住居専用地域と第二種住居地域にわたり、かつ、当該敷地の過半が第二種住居専用地域内にある場合は、当該敷地が第二種住居専用地域内にあるものとみなして、容積率に係る制限及び建蔽率に係る制限が適用される。×

4.敷地面積の最低限度

200㎡を超えてはならない
◯100㎡
×250㎡
★過去の出題例★

敷地面積の最低限度(建築基準法[05]4)
 年-問-肢内容正誤
124-19-3200m2を超えてはならない。
206-21-2200m2を超えてはならない。

5.外壁の後退距離

第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域・田園住居地域内で
定めることができる
(1.5m又は1m)

★過去の出題例★

建築基準法[05]5
外壁の後退距離
 年-問-肢内容正誤
128-19-4
第一種住居地域内における建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離は、当該地域に関する都市計画においてその限度が定められた場合には、当該限度以上でなければならない。
×
219-22-2第二種低層住居専用地域に指定されている区域内の土地においては、都市計画において建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離の限度を2m又は1.5mとして定めることができる。×
306-21-4[第一種低層住居専用地域内の建築物]都市計画において外壁の後退距離の限度を定める場合においては、2mを超えない範囲で、定めなければならない。×

[Step.1]基本習得編講義


【動画講義を御覧になる方法】
DVD通信講座「基本習得編講座」(全16巻)16,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

[Step.2]実戦応用編講義

「一問一答式問題集」を解き、自己採点をしたうえで、解説講義を御覧ください。

【動画講義を御覧になる方法】
【必須資料】『一問一答式問題』(法令制限)
DVD通信講座「実戦応用編講座」(全22巻)22,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

LINE@アカウントを開設しました。

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINE@アカウントを開設しました。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@sva9502j"を検索してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です