■講義編■民法[08]占有権

物を所持しているだけで発生するという、一風変わった権利が占有権です。
自主占有と他主占有とか、自己占有と代理占有、というに分類が可能です。また、相続があった場合などは、他人の占有を承継することも可能です。占有権については、取得時効と関連させて理解しておきましょう。

1.占有権とは

物に対する事実上の支配(占有)を保護する物権

(1).占有権の取得

物を所持→占有権が発生

(2).占有権の意義
①社会秩序の維持

②司法制度の利用

2.占有権の効力

(1).占有物について行使する権利の適法の推定

占有者が占有物について行使する権利は、適法に有するものと推定
★過去の出題例★

占有物について行使する権利の適法の推定(民法[08]2(1))
 年-問-肢内容正誤
127-05-2乙土地の所有者の相続人Bが、乙土地上の建物に居住しているCに対して乙土地の明渡しを求めた場合、Cは、占有者が占有物について行使する権利は適法であるとの推定規定を根拠として、明渡しを拒否することができる。×
(2).即時取得

 

★過去の出題例★
即時取得(民法[08]2(2))
 年-問-肢内容正誤
126-03-1売買契約に基づいて土地の引渡しを受け、平穏・公然と占有を始めた買主は、売主が無権利者であることにつき善意無過失であれば、即時に不動産の所有権を取得する。×
224-02-2法人について即時取得の成否が問題となる場合、当該法人の代表機関が代理人によって取引を行ったのであれば、即時取得の要件である善意・無過失の有無は、当該代理人を基準にして判断される。
319-03-1Aと売買契約を締結したBが、平穏かつ公然と甲土地の占有を始め、善意無過失であれば、甲土地がAの土地ではなく第三者の土地であったとしても、Bは即時に所有権を取得することができる。×
(3).占有の訴え
①占有の訴えの種類

 

②訴えを提起できる者

(a)占有者
(b)他人のために占有をする者([例]賃借人)

③本権の訴えとの関係

本権に関する理由に基づいて裁判をすることができない

④占有回収の訴え

★過去の出題例★
占有の訴え(民法[08]2(3))
 年-問-肢内容正誤
占有の訴え
127-05-3丙土地の占有を代理しているDは、丙土地の占有が第三者に妨害された場合には、第三者に対して占有保持の訴えを提起することができる。
占有回収の訴え
127-05-4占有回収の訴えは、占有を侵奪した者及びその特定承継人に対して当然に提起することができる。×
214-03-4(売主A・買主B間の建物売買契約(所有権移転登記は行っていない。)が解除され、建物の所有者Aが、B居住の建物をCに売却して所有権移転登記をした。)Cが暴力によって、Bから建物の占有を奪った場合、BはCに占有回収の訴えを提起できるが、CはBに対抗できる所有権があるので占有回収の訴えについては敗訴することはない。×

[Step.1]基本習得編講義

ご視聴方法
((1)(2)(3)は同内容、価格は税込です。)
(1)eラーニング版講座9,800円
(2)DVD版講座(全16巻)20,800円
(3)ニコニコチャンネル1講義150円
or
月額4,800円
『図表集』無料ダウンロード
講義レジュメ『図表集』を見ながら受講すると効率的です(無料でダウンロード可能)。

[Step.2]実戦応用編講義

ご視聴方法
((1)(2)(3)は同内容、価格は税込です。)
(1)eラーニング版講座12,000円
(2)DVD版講座(全16巻)20,800円
(3)ニコニコチャンネル1講義150円
or
月額4,800円
『一問一答式問題集』無料ダウンロード
必須資料『一問一答式問題集』を解き、自己採点をしたうえで、解説講義をご覧ください。

eラーニング講座 1週間無料体験

宅建eラーニング講座について、「自分の環境に対応しているか。」「自分に使いこなせるか。」などの問合せを多数いただいています。
そこで、宅建eラーニング講座の無料体験版を開講することにしました。
1週間という期間限定ですが、[Step.1]基本習得編→[Step.2]実戦応用編→[Step.3]過去問演習編という学習プロセスを無料で体験できます。
無料体験講座の受講者には、有料講座の20%割引クーポンをプレゼント!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。