民法[07]時効

時効というのは事実状態が長い期間継続した場合、その事実状態を法律上の権利関係と認める制度です。
例えば、他人の土地であっても、長期間占有を続ければ自分の土地にすることができます(取得時効)。また、借金をしても、長期間返済をしないままの状態が続けば、返済の法的義務がなくなります(消滅時効)。

1.時効とは

(1).意味

長期間続いた事実状態を、法律上の権利関係と認める制度

(2).分類

(3).取得時効のイメージ
時効進行中 時効完成後
(4).消滅時効のイメージ
時効進行中 時効完成後

2.所有権の取得時効

(1).要件


★過去の出題例★

取得時効:所有の意思がない場合(民法[07]2(1))
 年-問-肢内容正誤
127-04-1土地についての賃借権を相続により承継して賃料を払い続けている者は、相続から20年間占有すれば、時効によって土地所有権を取得することができる。×
226-03-420年間、平穏・公然と他人が所有する土地を占有した者は、占有取得の原因たる事実のいかんにかかわらず、土地の所有権を取得する。×
316-05-3
Aから土地を借りていたBが死亡し、借地であることを知らない相続人Cがその土地を相続により取得したと考えて利用していたとしても、CはBの借地人の地位を相続するだけなので、土地の所有権を時効で取得することはない。
×
4
16-05-4Cが期間を定めずBから土地を借りて利用していた場合、Cの占有が20年を超えれば、Cは20年の取得時効を主張することができる。×
504-04-4Aが20年間平穏かつ公然に占有を続けた場合においても、その占有が賃借権に基づくもので所有の意思がないときは、土地所有者が賃料を請求せず、Aが支払っていないとしても、Aは、その土地の所有権を時効取得することができない。
自己の所有と信じて占有している土地(民法[07]2(1))
 年-問-肢内容正誤
122-03-2自己の所有と信じて占有している土地の一部に、隣接する他人の土地の筆の一部が含まれていても、他の要件を満たせば、当該他人の土地の一部の所有権を時効によって取得することができる。
219-13-1
(Aが所有者として登記されている甲土地上に、Bが所有者として登記されている乙建物があり、CがAから甲土地を購入した。)Bが甲土地を自分の土地であると判断して乙建物を建築していた場合であっても、Cは、Bに対して建物を収去して土地を明け渡すよう請求できない場合がある。
(2).短期取得時効の場合

占有開始時に善意無過失
→10年で取得時効成立
(占有開始後に悪意になっても無関係)

★過去の出題例★

民法[07]2(2)
占有開始の時

 年-問-肢内容正誤
104-04-2善意無過失で占有を開始し7年間占有を続けた後、その土地が他人所有のものと知った場合、その後3年間占有を続ければ、所有権を時効取得できる。
(3).占有
①自主占有と他主占有(⇒[09]2(1)

②自己占有と代理占有(⇒[09]2(2)

③占有の承継(⇒[09]3

占有者の承継人は、選択可能

  1. 自己の占有のみを主張
  2. 前占有者の占有を合わせて主張 (瑕疵も承継)
(4).所有権以外の取得時効

◯地役権(⇒[12]3(5)
◯賃借権(⇒[29]
★過去の出題例★

所有権以外の財産権の取得時効(民法[07]2(4))
 年-問-肢内容正誤
122-03-1土地の賃借権は、物権ではなく、契約に基づく債権であるので、土地の継続的な用益という外形的かつ客観的事実が存在したとしても、時効によって取得することはできない。×

3.消滅時効

(1).時効期間


★過去の出題例★

所有権の時効消滅(民法[07]3(1))
 年-問-肢内容正誤
126-03-2所有権は、権利行使できる時から20年間行使しないときは消滅し、目的物は国庫に帰属する。×
217-04-1所有権は、取得のときから20年間行使しなかった場合、時効により消滅する。×
判決で確定した権利の消滅時効(民法[07]3(1))
 年-問-肢内容正誤
109‐04‐2裁判上の和解が成立し1年後に支払うことになった場合、消滅時効期間は、和解成立から10年となる。×
201‐02‐2勝訴判決が確定した場合、時効は新たに進行を開始し、その時効期間は10年となる。
(2).消滅時効の起算点

=権利を行使することができる時

★過去の出題例★

消滅時効の起算点(民法[07]3(2))
 年-問-肢内容正誤
127-01-1債務の不履行に基づく人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権は、権利を行使することができる時から20年間行使しないときは、時効によって消滅する旨は、民法の条文に規定されている。×
226-03-3売主に対する瑕疵担保による損害賠償請求権には消滅時効の適用があり、買主が目的物の引渡しを受けた時から進行する。
322-06-3履行不能による損害賠償債務の消滅時効は、本来の債務を請求し得る時から進行する。
409-04-1弁済期を定めない貸金債権は、時効によって消滅しない。×
502-03-2
返済期を定めていない貸金債権の消滅時効は、貸主の催告の有無にかかわらず、貸し付けたときから起算される。
判決で確定した権利の消滅時効(民法[07]3(1))
 年-問-肢内容正誤
109‐04‐2裁判上の和解が成立し1年後に支払うことになった場合、消滅時効期間は、和解成立から10年となる。×
201‐02‐2勝訴判決が確定した場合、時効は新たに進行を開始し、その時効期間は10年となる。

4.時効の効力

(1).時効の援用
①意味

時効による利益(メリット)を受けるという意思を表示すること

②取得時効のケース

③消滅時効のケース

④時効の援用権者

「権利の消滅により、直接利益を受ける者」

(2).時効の利益の放棄

=時効による利益(メリット)を受けないという意思を表示すること

★過去の出題例★

時効の効力(民法[07]4)
 年-問-肢内容正誤
時効の効力
129-02-1
Aの所有する甲土地をBが時効取得した場合、Bが甲土地の所有権を取得するのは、取得時効の完成時である。×
時効の援用
130-04-1
消滅時効完成後に主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は時効を援用することができる。
230-04-2後順位抵当権者は、先順位抵当権の被担保債権の消滅時効を援用することができる。×
330-04-3詐害行為の受益者は、債権者から詐害行為取消権を行使されている場合、当該債権者の有する被保全債権について、消滅時効を援用することができる。
412-02-1
物上保証人は、主たる債務者の消滅時効を援用できる。
509-04-3
物上保証人は、債権の消滅時効を援用して債権者に抵当権の抹消を求めることができる。
時効の利益の放棄
130-04-1消滅時効完成後に主たる債務者が時効の利益を放棄した場合であっても、保証人は時効を援用することができる。
221-03-2賃借人が、賃貸人との建物賃貸借契約締結時に、賃料債権につき消滅時効の利益はあらかじめ放棄する旨約定したとしても、その約定に法的効力は認められない。

5.時効の中断

(1).中断とは

時効期間をいったんリセットすること

(2).中断事由
  1. 請求
  2. 差押え、仮差押え又は仮処分
  3. 承認
(3).消滅時効完成後の弁済・承認

時効完成後に債務を弁済・承認した場合、
→時効の援用×

★過去の出題例★

時効の中断事由:裁判上の請求(民法[07]5(2))
 年-問-肢内容正誤
109-04-4不動産強制競売手続において催告を受けた抵当権者がする債権の届出は、その届出に係る債権に関する裁判上の請求、破産手続参加又はこれらに準ずる時効中断事由に該当する。×
207-03-2
債権者が債務者に対して訴訟により弁済を求めても、その訴えが却下された場合は、時効中断の効力は生じない。
301-02-3
金銭債権の債権者Aが訴えを取り下げた場合、Aの金銭債権は、Aがその取下げをした日から10年間権利を行使しないとき、消滅する。×
民法[07]5(2)
時効の中断事由:支払督促

 年-問-肢内容正誤
121-03-1債権者が、債務者に対する賃料債権につき支払督促の申立てをし、さらに期間内に適法に仮執行の宣言の申立てをしたときは、消滅時効は中断する。
時効の時効中断:催告(民法[07]5(2))
 年-問-肢内容正誤
121-03-3内容証明郵便による請求だけで、消滅時効が中断する。×
201-02-2訴えの提起前6か月以内に催告しても、時効が中断されるのは訴え提起のときである。×
民法[07]5(2)
時効の中断事由:差押え、仮差押え及び仮処分

 年-問-肢内容正誤
112-02-4債権者から物上保証人に対する不動産競売の申立てがされた場合、競売開始決定の正本が主債務者に送達された時に、この金銭債務の消滅時効の中断の効力が生じる。
時効の中断事由:承認(民法[07]5(2))
 年-問-肢内容正誤
130-04-4債務者が時効の完成の事実を知らずに債務の承認をした場合、その後、債務者はその完成した消滅時効を援用することはできない。
221-03-4消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない。
317-04-4消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない。
412-02-2物上保証人が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、当該債務の消滅時効の中断の効力が生じる。×
512-02-3主債務者が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、物上保証人は、当該債務の消滅時効の中断の効力を否定することができない。
607-03-4債務の承認をした場合、債務者が被保佐人であって、保佐人の同意を得ていなくても、時効中断の効力を生じる。

[Step.1]基本習得編講義

【動画講義を御覧になる方法】
DVD通信講座「基本習得編講座」(全16巻)16,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

[Step.2]実戦応用編講義

「一問一答式問題集」を解き、自己採点をしたうえで、解説講義を御覧ください。

【動画講義を御覧になる方法】
【必須資料】『一問一答式問題』(権利関係)
DVD通信講座「実戦応用編講座」(全22巻)22,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

LINEアカウントを開設しました。

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを開設しました。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

民法[07]時効” に対して1件のコメントがあります。

  1. T510 より:

    『ステップ2 一問一答式問題集』のうち、「権利関係」の時効に関することについて

    5の時効中断の問2の問題文中では、「10年間権利を行使しないとき、消滅する。」となっていますが、本試験問題では、「5年間権利を行使しないとき、消滅する。」なっています。
    あえて「10年間」に変えられた理由は何ですか?

    1. 家坂 圭一 より:

      本試験の出題(平成元年問2)では、問題文で「なお、この金銭債権の消滅時効期間は、5年とする。」というなお書きが付けられていました。
      しかし、一問一答式で勉強する場合には、このような特殊な消滅時効期間について勉強するよりは、原則を強調したほうが有益です。そこで、「10年」と修正し、原則的な消滅時効期間の確認ができるようにしました。

      1. T510 より:

        講義でも「…短期消滅時効もあるが、宅建試験ではこまごまとしたところは聞かれないので、債権の消滅時効は原則10年であるところを抑えておきましょう」と仰っている趣旨と同趣旨と考えてよいということですね。
        大変よくわかりました。

        1. 家坂 圭一 より:

          その通りです。
          講義をしっかり見ていただき、本当にありがとうございます!

  2. アズマノブユキ より:

    史上最強の宅建士テキスト187ページで時効の援用での当事者の例で後順位抵当権者も含まれているのですが間違いでしょうか?

    1. 家坂 圭一 より:

      アズマ様

      講師の家坂です。
      御質問ありがとうございます。

      消滅時効の援用権者の件についてお答えします。
      後順位抵当権者は、「権利の消滅により、直接利益を受ける者」にあたらないとして、時効の援用を認めないのが判例です(最判平11.10.21)。
      また、宅建本試験でも、そのように扱われています(平成30年問04肢2)。

      したがって、
      (1)このページの記述が正確であり、
      (2)『史上最強の宅建士テキスト』の記述は誤り、
      ということになります。

      御不便をお掛けして申し訳ありません。
      『史上最強の宅建士テキスト』については、正誤表で対応しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です