【宅建過去問】(令和02年12月問10)共有


不動産の共有に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 共有物の各共有者の持分が不明な場合、持分は平等と推定される。
  2. 各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に変更を加えることができない。
  3. 共有物の保存行為については、各共有者が単独ですることができる。
  4. 共有者の一人が死亡して相続人がないときは、その持分は国庫に帰属する。

正解:4

1 正しい

共有者の持分は、法律の規定や共有者の意思に基づいて決まります。持分が不明な場合、各共有者の持分は、相等しいもの(=平等)と推定されます(民法250条)。

■類似過去問
内容を見る
持分(民法[10]2)
 年-問-肢内容正誤
1R02s-10-1共有物の各共有者の持分が不明な場合、持分は平等と推定される。

2 正しい

各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に変更を加えることができません(民法251条)。
例えば、共有建物の場合、増改築が変更行為に当たります。共有者全員の一致がなければ、建物の増改築を行うことはできません。

共有物の利用関係

■類似過去問
内容を見る
共有物の変更(民法[10]3(2))
 年-問-肢内容正誤
1R02s-10-2
各共有者は、他の共有者の同意を得なければ、共有物に変更を加えることができない。
215-04-2
共有者の一人は、他の共有者の同意を得なければ、建物に物理的損傷及び改変などの変更を加えることはできない。
306-03-2
別荘の改築は、共有者全員の合意で行うことを要し、共有者の一人が単独で行うことはできない。
403-05-1
共有物である建物の増築は、各共有者の持分価格の過半数の同意があれば、することができる。×

3 正しい

共有物の保存行為は、各共有者が単独ですることができます(民法252条ただし書き)。
保存行為の例として頻繁に出題されるのが、不法占拠者の排除です。
A・B・Cが共有する土地に不法占拠者がいる場合、その者に明渡しを請求するのは、保存行為です。したがって、例えば、Aが単独で行うことができます。

■類似過去問
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
1R02s-10-3共有物の保存行為については、各共有者が単独ですることができる。

4 誤り

相続人の不存在が確定した場合、共有者の持分は、まず、特別縁故者に対する財産分与の対象になります。この財産分与がされないときには、持分は他の共有者に帰属します(民法255条、民法958条の3。最判平01.11.24)。

本肢がいうような「国庫に帰属する」わけではありません。

■類似過去問
内容を見る
共有者の死亡(民法[10]2(3))
 年-問-肢内容正誤
1R02s-10-4共有者の一人が死亡し、相続人の不存在が確定した場合、その持分は特別縁故者に対する財産分与の対象となり、その財産分与がなされない場合は、他の共有者に帰属する。×
218-04-4共有者の一人が死亡し、相続人の不存在が確定した場合、その持分は特別縁故者に対する財産分与の対象となり、その財産分与がなされない場合は、他の共有者に帰属する。
304-12-3共有者の一人が相続人なくして死亡し、特別縁故者に対する財産分与もなされない場合、その持分は、他の共有者に帰属する。

>>令和02年(12月)の問題一覧へ

0

LINEアカウントで質問・相談

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを運営しています。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

【宅建過去問】(令和02年12月問10)共有” に対して2件のコメントがあります。

  1. T510 より:

    選択肢4の文中「相続人がないとぎは、」は「相続人がないときは、」の誤りではないでしょうか。

    0
    1. 家坂 圭一 より:

      T510様

      いつも丁寧にご覧いただき、ありがとうございます。
      おっしゃる通り、ここは、「相続人がないと『き』は、」としなければなりません。
      この点について、訂正を完了しました。
      ご指摘に感謝申し上げます。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です