平成22年(2010年)本試験過去問INDEX

平成22年度宅建本試験の実施状況は以下の通りでした。

受験者数 186,542人
合格者数 28,311人
合格率(倍率) 15.18%
合格点 36点

平成22年 宅建本試験解答・解説

「出題内容」の文字をクリックすると、各問題の問題文や解説、そして動画講義が見られます。

>>全年度の一覧に戻る

正解出題内容
12制限行為能力者
24代理
31取得時効
43物権変動と対抗問題
54抵当権
63債務不履行
71債権者代位権
82保証
92契約の解除(判決文の読取り問題)
103遺言
114借地借家法(事業用定期借地権)
122借地借家法(借家)
134区分所有法
141不動産登記法
153国土利用計画法
161都市計画法
174都市計画法(開発許可)
184建築基準法
193建築基準法(用途制限)
203宅地造成等規制法
211土地区画整理法
222農地法
233相続時精算課税の特例
243不動産取得税
251不動産鑑定評価基準
264免許の要否
272免許の基準(欠格要件)
283免許
294事務所に関する規制
304宅建士登録
312営業保証金
321広告に関する規制(個数問題)
334媒介契約
343媒介契約書・重要事項説明書・契約書面
352重要事項説明書(35条書面)
364重要事項説明書(35条書面)
371契約書面(37条書面)
381クーリング・オフ
3948つの規制
4018つの規制
414手付金等の保全措置(個数問題)
423報酬
431保証協会
443監督処分
454住宅瑕疵担保履行法
463住宅金融支援機構
473景品表示法
482統計
492土地に関する知識
502建物に関する知識

>>全年度の一覧に戻る

【無料公開講座】令和4年度本試験解説

この講座は、「本試験を受験した人が答え合わせをするための過去問解説」ではなく、「次回受験する本試験での得点力を向上させるための講座」です。その意味で、通常の「過去問解説」とは、根本的な発想から違っています。

まずは、『問題編PDF』で実施の問題を解きましょう(制限時間は2時間)。

解説については、「読む」「見る」という2wayで学習することができます。
「読む」は『解説編PDF』、「見る」は『解説動画』。2つを併用することで、基礎知識や解法テクニックなど合格に必要な能力が身に付きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。