民法[27]使用貸借契約


賃貸借契約と違って、他人の物をタダで借りるのが使用貸借契約です。
タダで借りるのですから、賃貸借と比べて借主の立場が低く扱われます。具体的にいうと、使用貸借の場合、通常の必要費は、借主が負担します。また、借主が死亡した場合には、契約が終了します。

1.使用貸借契約とは

(1).契約の成立

 

(2).貸主による解除

借主が借用物を受領するまで◯

【例外】書面による使用貸借

2.使用貸借契約の特徴

(1).費用負担

(2).担保責任
①賃貸借契約との比較

②使用貸借契約における貸主の担保責任(⇒[25]4

★過去の出題例★

使用貸借(民法[27]1&2)
 年-問-肢内容正誤
契約の成立
127-03-3貸主と借主との間の契約は、賃貸借では諾成契約であり、使用貸借でも諾成契約である。
費用負担
127-03-2借主は、使用貸借では、通常の必要費を負担しなければならない。
209-08-4借主が、借用物の通常の必要費を支出した場合には、貸主に対し、直ちに償還請求できる。×
担保責任
127-03-4貸主は借主に対して、貸借の目的物である建物が種類又は品質に関して契約の内容に適合しなければ、賃貸借契約では担保責任を負う場合があるが、使用貸借契約では担保責任を負わない。×
(3).終了・解除
①終了
(a).期間経過・目的達成による終了

(b).借主の死亡(⇒(4))
②解除
(a).貸主からの解除

(b).借主からの解除

いつでも可能

★過去の出題例★
使用貸借:終了・解除(民法[27]2(3))
 年-問-肢内容正誤
[共通の設定]
AB間で、Aを貸主、Bを借主として、A所有の甲建物について使用貸借契約を締結した。
121-12-2A所有の甲建物につき、Bが適当な家屋に移るまでの一時的な居住を目的として使用貸借契約を締結した。返還時期の定めがない場合、AはBに対していつでも返還を請求できる。
×
217-10-4Aは、災害により居住建物を失った友人Bと、適当な家屋が見つかるまでの一時的住居とするとの約定のもとに、使用貸借契約を締結した。適当な家屋が現実に見つかる以前であっても、適当な家屋を見つけるのに必要と思われる客観的な期間を経過した場合は、AはBに対し、この建物の返還を請求することができる。
309-08-2「2年後に返還する」旨の約定をした場合、2年の期間満了時において、Aの返還請求に正当事由がない場合には、Bは、従前と同一の条件で、さらに2年間当該建物を無償で借り受けることができる。
×
(4).相続の可否


★過去の出題例★

使用貸借:相続の可否(民法[27]2(4))
 年-問-肢内容正誤
[共通の設定]
AB間で、Aを貸主、Bを借主として、A所有の甲建物について使用貸借契約を締結した。
127-03-1借主が死亡した場合、賃貸借では契約は終了しないが、使用貸借では契約が終了する。
221-12-4Bが死亡すると使用貸借契約は終了するので使用借権はBの相続人に相続されない。
317-10-1Bが死亡した場合、使用貸借契約は当然に終了する。
413-06-2使用貸借契約において、貸主又は借主が死亡した場合、使用貸借契約は効力を失う。
×
509-08-3契約で定めた期間の満了前にBが死亡した場合には、Bの相続人は、残りの期間についても、当該建物を無償で借り受ける権利を主張することはできない。
(5).対抗要件


★過去の出題例★

使用貸借:対抗要件(民法[27]2(5))
 年-問-肢内容正誤
[共通の設定]
AB間で、Aを貸主、Bを借主として、A所有の甲建物について使用貸借契約を締結した。
121-12-3Aが甲建物をCに売却した場合、Bは甲建物の引渡しを受けて甲建物に居住していてもCに対して使用借権を主張することができない。
219-13-2Aが甲建物をCに売却した場合、Cは、Bに対して建物を収去して土地を明け渡すよう請求できる。
317-10-2Aがこの建物をCに売却し、その旨の所有権移転登記を行った場合でも、Aによる売却の前にBがこの建物の引渡しを受けていたときは、Bは使用貸借契約をCに対抗できる。
×
409-08-1Aが、Bの借受け後に当該建物をCに譲渡し登記を移転した場合、Cは、Bの借受け時から2年間は、Bに対し当該建物の返還を請求することはできない。
×
(6).転貸


★過去の出題例★

使用貸借:転貸(民法[27]2(6))
 年-問-肢内容正誤
[共通の設定]
AB間で、Aを貸主、Bを借主として、A所有の甲建物について使用貸借契約を締結した。
121-12-1BがAに無断で甲建物を転貸した場合には、Aは使用貸借契約を解除できる。
217-10-3Bは、Aの承諾がなければ、この建物の一部を、第三者に転貸して使用収益させることはできない。

[Step.1]基本習得編講義

御視聴方法
((1)(2)(3)は同内容、価格は税込です。)
(1)eラーニング版講座12,800円
(2)DVD版講座(全16巻)19,800円
(3)ニコニコチャンネル1講義150円
or
月額4,800円
『図表集』無料ダウンロード
講義レジュメ『図表集』を見ながら受講すると効率的です(無料でダウンロード可能)。

[Step.2]実戦応用編講義

御視聴方法
((1)(2)(3)は同内容、価格は税込です。)
(1)eラーニング版講座12,800円
(2)DVD版講座(全16巻)19,800円
(3)ニコニコチャンネル(準備中)1講義150円
or
月額4,800円
『一問一答式問題集』無料ダウンロード
必須資料『一問一答式問題集』を解き、自己採点をしたうえで、解説講義を御覧ください。
0

過去問を活用した合格作戦

過去問を徹底的に研究することで、「楽に」「確実に」合格する、
というこのサイトを、学習方法として具体化する方法は?
この点を説明した「宅建受験ガイダンス」を御覧ください。

民法[27]使用貸借契約” に対して2件のコメントがあります。

  1. T510 より:

    使用貸借は、民法改正により「諾成契約」になったのでは…。

    0
    1. 家坂 圭一 より:

      このWebサイトの現在の記述は、今年4月1日に施行される改正民法に対応していません。
      申し訳ありませんが、教材の改訂が先行しています。
      Webサイトの改訂は、民法の施行日までに終わらせる予定です。もうしばらくお待ちください。

      0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です