【宅建過去問】(令和04年問49)土地に関する知識

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 台地の上の浅い谷は、豪雨時には一時的に浸水することがあり、注意を要する。
  2. 低地は、一般に洪水や地震などに対して強く、防災的見地から住宅地として好ましい。
  3. 埋立地は、平均海面に対し4~5mの比高があり護岸が強固であれば、住宅地としても利用が可能である。
  4. 国土交通省が運営するハザードマップポータルサイトでは、洪水、土砂災害、高潮、津波のリスク情報などを地図や写真に重ねて表示できる。

正解:2


>>令和04年の問題一覧へ

YouTubeメンバーシップ開始!!

YouTubeの「メンバーシップ制度」を利用して、「年度別過去問メンバー」を募集します。
メンバーになると、月額1,790円で「年度別過去問」の解説講義を視聴することが可能です。
メンバー限定で平成24年~30年の過去問解説を公開中。無料で一般公開している令和元年~3年を合わせれば、過去10年・12回分の過去問解説を視聴することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。