【宅建過去問】(平成12年問02)物上保証・消滅時効

Aは、BのCに対する金銭債務を担保するため、A所有の土地に抵当権を設定し、物上保証人となった。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。

  1. Aは、この金銭債務の消滅時効を援用することができる。
  2. Aが、Cに対し、この金銭債務が存在することを時効期間の経過前に承認した場合、当該債務の消滅時効の中断の効力が生じる。
  3. Bが、Cに対し、この金銭債務が存在することを時効期間の経過前に承認した場合、Aは、当該債務の消滅時効の中断の効力を否定することができない。
  4. CからAに対する不動産競売の申立てがされた場合、競売開始決定の正本がBに送達された時に、この金銭債務の消滅時効の中断の効力が生じる。

正解:2

【1】正しい

時効の援用権者である「民法145条の当事者」とは、「時効により直接に利益を受ける者」をいう。そして、判例によれば、物上保証人は時効の援用権者にあたる(最判昭43.09.26)。
したがって、A(物上保証人)は、B(債務者)のC(債権務者)に対する金銭債務の消滅時効を援用することができる。

■類似過去問(時効の援用権者:物上保証人)
内容を見る
民法[07]4
時効の効力
 年-問-肢内容正誤
時効の効力
129-02-1
Aの所有する甲土地をBが時効取得した場合、Bが甲土地の所有権を取得するのは、取得時効の完成時である。×
時効の援用
112-02-1
物上保証人は、主たる債務者の消滅時効を援用できる。
209-04-3
物上保証人は、債権の消滅時効を援用して債権者に抵当権の抹消を求めることができる。
時効の利益の放棄
121-03-2賃借人が、賃貸人との建物賃貸借契約締結時に、賃料債権につき消滅時効の利益はあらかじめ放棄する旨約定したとしても、その約定に法的効力は認められない。

【2】誤り

A(物上保証人)がC(債権者)に対して被担保債権を承認しても、消滅時効中断の効力は生じない(最判昭62.09.03)。

■類似過去問(時効の中断事由:承認)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
121-03-4消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない。
217-04-4消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない。
312-02-2物上保証人が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、当該債務の消滅時効の中断の効力が生じる。×
412-02-3主債務者が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、物上保証人は、当該債務の消滅時効の中断の効力を否定することができない。
507-03-4債務の承認をした場合、債務者が被保佐人であって、保佐人の同意を得ていなくても、時効中断の効力を生じる。

【3】正しい

B(主たる債務者)の債務の承認は、A(物上保証人)にも及ぶ(最判平07.03.10)。
したがって、Aは当該債務の時効の中断の効力を否定できない。

■類似過去問(時効の中断事由:承認)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
121-03-4消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない。
217-04-4消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない。
312-02-2物上保証人が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、当該債務の消滅時効の中断の効力が生じる。×
412-02-3主債務者が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、物上保証人は、当該債務の消滅時効の中断の効力を否定することができない。
507-03-4債務の承認をした場合、債務者が被保佐人であって、保佐人の同意を得ていなくても、時効中断の効力を生じる。

【4】正しい

物上保証人に対する不動産競売において、決定正本が債務者に発送されたことによっては被担保債権の消滅時効の中断の効力を生ぜず、右正本が債務者に到達することによって初めて時効中断の効力を生ずる(最判平07.09.05)。
本肢では、競売開始決定の正本がB(債務者)に送達されているから、この金銭債務の消滅時効は中断する。


>>年度目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です