9月
16
2000

【宅建過去問】(平成12年問02)物上保証・消滅時効

【過去問本試験解説】発売中

Aは、BのCに対する金銭債務を担保するため、A所有の土地に抵当権を設定し、物上保証人となった。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。

  1. Aは、この金銭債務の消滅時効を援用することができる。
  2. Aが、Cに対し、この金銭債務が存在することを時効期間の経過前に承認した場合、当該債務の消滅時効の中断の効力が生じる。
  3. Bが、Cに対し、この金銭債務が存在することを時効期間の経過前に承認した場合、Aは、当該債務の消滅時効の中断の効力を否定することができない。
  4. CからAに対する不動産競売の申立てがされた場合、競売開始決定の正本がBに送達された時に、この金銭債務の消滅時効の中断の効力が生じる。

正解:2

【1】 ◯ 正しい

時効の援用権者である「民法145条の当事者」とは、「時効により直接に利益を受ける者」をいう。そして、判例によれば、物上保証人は時効の援用権者にあたる(最判昭43.09.26)。
したがって、A(物上保証人)は、B(債務者)のC(債権務者)に対する金銭債務の消滅時効を援用することができる。

■類似過去問(時効の援用権者:物上保証人)
  • 平成12年問02肢1(物上保証人は、主たる債務者の消滅時効を援用できる:◯)
  • 平成09年問04肢3(物上保証人は、債権の消滅時効を援用して債権者に抵当権の抹消を求めることができる:◯)

【2】 X 誤り

A(物上保証人)がC(債権者)に対して被担保債権を承認しても、消滅時効中断の効力は生じない(最判昭62.09.03)。

■類似過去問(時効の中断事由:承認)
  • 平成21年問03肢4(消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない:◯)
  • 平成17年問04肢4(消滅時効完成後に債務者が債権を承認した場合、時効完成を知らなかったとしても、時効の援用は許されない:◯)
  • 平成12年問02肢2(物上保証人が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、当該債務の消滅時効の中断の効力が生じる:×)
  • 平成12年問02肢3(主債務者が、債権者に対し、金銭債務の存在を時効期間の経過前に承認した場合、物上保証人は、当該債務の消滅時効の中断の効力を否定することができない:◯)
  • 平成07年問03肢4(債務の承認をした場合、債務者が被保佐人であって、保佐人の同意を得ていなくても、時効中断の効力を生じる:◯)

【3】 ◯ 正しい

B(主たる債務者)の債務の承認は、A(物上保証人)にも及ぶ(最判平07.03.10)。
したがって、Aは当該債務の時効の中断の効力を否定できない。

■類似過去問(時効の中断事由:承認)
  • →肢2

【4】 ◯ 正しい

物上保証人に対する不動産競売において、決定正本が債務者に発送されたことによっては被担保債権の消滅時効の中断の効力を生ぜず、右正本が債務者に到達することによって初めて時効中断の効力を生ずる(最判平07.09.05)。
本肢では、競売開始決定の正本がB(債務者)に送達されているから、この金銭債務の消滅時効は中断する。


>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 平成12年過去問,民法 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes