民法[30]使用貸借契約

賃貸借契約と違って、他人の物をタダで借りるのが使用貸借契約です。契約の分類としては、片務契約・無償契約・要物契約に属します。
タダで借りるのですから、賃貸借と比べて借主の立場が低く扱われます。具体的にいうと、使用貸借の場合、通常の必要費は、借主が負担します。また、貸主は、原則として担保責任を負いません。

1.使用貸借契約とは

(1).契約の成立

■片務契約⇒[23]4(2)

(2).契約の分類
①片務契約(⇒[23]2(2)

②無償契約(⇒[23]3(2)

(3).賃貸借契約との比較

2.使用貸借契約の特徴

(1).費用負担

(2).担保責任
①賃貸借契約との比較

②使用貸借契約における貸主の担保責任(⇒[28]4


★過去の出題例★

使用貸借(民法[30]1&2)
 年-問-肢内容正誤
契約の成立
127-03-3使用貸借契約は要物契約である。
費用負担
127-03-2借主は、使用貸借では、通常の必要費を負担しなければならない。
209-08-4借主が、借用物の通常の必要費を支出した場合には、貸主に対し、直ちに償還請求できる。×
担保責任
127-03-4使用貸借契約では、貸主は借主に対して担保責任を負わない。×
(3).返還の時期


★過去の出題例★

使用貸借:返還の時期(民法[30]2(3))
 年-問-肢内容正誤
121-12-2返還時期の定めがない場合、貸主はいつでも返還請求できる。×
217-10-4使用収益をするのに足りる期間が経過すれば、貸主はいつでも返還請求できる。
309-08-2契約期間満了時、貸主の返還請求に正当事由がない場合、契約は更新される。×
(4).相続の可否


★過去の出題例★

使用貸借:相続の可否(民法[30]2(4))
 年-問-肢内容正誤
127-03-1借主が死亡した場合、使用貸借では契約が終了する。
221-12-4借主が死亡すると使用貸借契約は終了し、使用借権は相続されない。
317-10-1借主が死亡した場合、使用貸借契約は当然終了する。
413-06-2貸主又は借主が死亡した場合、使用貸借契約は効力を失う。×
509-08-3借主が死亡した場合、相続人は使用借権を主張できない。
(5).対抗要件


★過去の出題例★

使用貸借:対抗要件(民法[30]2(5))
 年-問-肢内容正誤
121-12-3目的不動産の譲渡があった場合、引渡しがあったとしても、譲受人に使用借権を主張できない。
219-13-2目的不動産の譲渡があった場合、譲受人は、借主に対して、建物収去と土地明渡しを請求できる。
317-10-2目的不動産の譲渡があった場合、引渡しを受けていれば、譲受人に使用貸借契約を対抗できる。×
409-08-1目的不動産の譲渡があった場合、譲受人は、譲渡人との契約期間の間は返還を請求できない。×
(6).転貸


★過去の出題例★

使用貸借:転貸(民法[30]2(6))
 年-問-肢内容正誤
121-12-1無断転貸があった場合、貸主は解除できる。
217-10-3貸主の承諾がなければ、転貸することはできない。

[Step.1]基本習得編講義

【動画講義を御覧になる方法】
DVD通信講座「基本習得編講座」(全16巻)16,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

[Step.2]実戦応用編講義

「一問一答式問題集」を解き、自己採点をしたうえで、解説講義を御覧ください。

【動画講義を御覧になる方法】
【必須資料】『一問一答式問題』(権利関係)
DVD通信講座「実戦応用編講座」(全22巻)22,000円(税別)
ニコニコチャンネル1講義100円or月額1,500円(税別)

LINEアカウントを開設しました。

家坂講師に気軽に受験相談や質問ができるLINEアカウントを開設しました。
お気軽に「友だち追加」してください。
友だち追加
PCの場合は、「友だち検索」でID"@e-takken"を検索してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です