【宅建過去問】(令和03年問50)建物に関する知識

『無料解説DVD』には、この問題の解説動画も収録されています。

■『宅建本試験解説DVD』申込みページ■

建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄骨構造は、主要構造の構造形式にトラス、ラーメン、アーチ等が用いられ、高層建築の骨組に適している。
  2. 鉄骨構造の床は既製気泡コンクリート板、プレキャストコンクリート板等でつくられる。
  3. 鉄骨構造は、耐火被覆や鋼材の加工性の問題があり、現在は住宅、店舗等の建物には用いられていない。
  4. 鉄骨構造は、工場、体育館、倉庫等の単層で大空間の建物に利用されている。

正解:3


>>令和03年(10月)の問題一覧へ

解説動画公開中

令和3年10月本試験の解説動画を次々公開しています!
『本試験解説DVD』『本試験解説PDF』の無料プレゼントも実施中です。お早めにお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です