7月
11
1991

【宅建過去問】(平成03年問11)売主の担保責任

【過去問本試験解説】発売中

AがBからBの所有地を買い受ける契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、Aがその善意悪意に関係なく契約を解除することができるものは、どれか。

  1. その土地の一部が他人のものであって、BがAに権利を移転することができず、残りの土地だけではAが買うことができないとき。
  2. その土地の全部が他人のものであって、BがAに権利を移転することができないとき。
  3. その土地に隠れた瑕疵があり、契約の目的を達成することができないとき。
  4. その売買が実測面積を表示し、単価を乗じて価格が定められている場合において、その面積が著しく不足していたとき。

正解:2

1 善意の場合のみ解除可能

売買の目的物の一部が売主以外の所有物で、売主がこれを買主に移転できず、残存する部分のみであれば買主が買い受けなかった場合、善意の買主は契約を解除することができる(民法563条2項)。

一部他人物
減額 解除 損害賠償 期間
善意 知ってから1年
悪意 × × 契約から1年
■類似過去問(権利の一部が他人に属する場合)
  • 平成16年問10肢3(土地の一部を第三者が所有していた場合、買主はそのことを知っていたとしても、買主に対し代金減額請求できる:◯)
  • 平成08年問08肢2(土地の一部を第三者が所有していた場合、買主はそのことを知っていたとしても、契約を解除できる:×)
  • 平成05年問08肢2(土地の一部を第三者が所有していた場合、買主は、他人物であることに関する善意悪意に関係なく、代金減額請求できる:◯)
  • 平成03年問11肢1(土地の一部を第三者が所有していた場合、売主が買主に権利を移転できず、残りの部分だけでは買主が買うことができないとき、買主は、他人物であることに関する善意悪意に関係なく、契約を解除できる:×)

2 善意悪意によらず解除可能

売買の目的物の全部が売主以外の所有物であった場合で、売主が権利を取得して買主に移転できないときは、買主は契約の解除をすることができる(民法561条前段)。これは、買主が善意か悪意か、に関係ない。

全部他人物
減額 解除 損害賠償 期間
善意 制限なし
悪意 × 制限なし
■類似過去問(悪意の買主による解除)
  • 平成17年問09肢1(他人物であることにつき悪意の買主は、解除はできるが、損害賠償請求はできない:◯)
  • 平成16年問10肢2(他人物売買につき悪意であるとして損害賠償請求できない場合でも、売主に帰責性があるときは、債務不履行による損害賠償請求ができる:◯)
  • 平成08年問08肢1(他人物であることにつき悪意の買主でも、契約を解除することができる:◯)
  • 平成05年問08肢3(他人物であることにつき買主が善意でも悪意でも、契約を解除することができる:◯)
  • 平成03年問11肢2(他人物につき権利を移転できないとき、買主の善意悪意に関係なく、契約を解除することができる:◯)

3 善意無過失の場合のみ解除可能

売主の瑕疵担保責任を追及することができるのは、「売買の目的物に隠れた瑕疵があったとき」に限られる(民法570条)。買主が瑕疵について悪意であれば、そもそも「隠れた瑕疵」ということができず、瑕疵担保責任を問うのは不可能である。

瑕疵担保責任
減額 解除 損害賠償 期間
善意
無過失
知ってから1年
悪意 × × ×
■類似過去問(瑕疵担保責任:解除できる場合)
  • 平成23年問09肢2(重大な瑕疵があり、契約目的を達成できない場合には、契約を解除できる:◯)
  • 平成19年問11肢2(目的を達成できないとまでいえない瑕疵の場合、売主は、瑕疵担保責任を負わない:×)
  • 平成15年問10肢2(解除できるのは、契約目的が達成できない場合に限られる:◯)
  • 平成14年問09肢2(解除できない場合でも、損害賠償請求が可能:◯)
  • 平成14年問09肢4(契約目的を達成できない場合に限り、解除可能:◯)
  • 平成08年問08肢4(契約の目的を達成できない場合、解除可能:◯)
  • 平成04年問08肢1(購入した建物の瑕疵が、居住の用に支障ないものでも、解除可能:×)
  • 平成03年問11肢3(契約目的を達成できない場合、解除可能:◯)
  • 平成01年問04肢2(売買の目的物である土地に隠れた瑕疵があって、買主がそのことを知らなかったときは、買主は、その事実を知ったとき、瑕疵の程度に関係なく、契約を解除することができる:×)

4 善意の場合のみ解除可能

数量指示売買において、不足があった場合で、残存部分のみであれば買い受けなかったとき、善意の買主は、契約を解除することができる(民法565条、563条2項)。

数量指示売買
減額 解除 損害賠償 期間
善意 知ってから1年
悪意 × × ×
■類似過去問(数量指示売買)
  • 平成05年問08肢1(1,000m2の土地について数量を指示して売却する契約を締結した場合、その土地を実測したところ700m2しかなかったときは、買主は、善意悪意に関係なく、代金の減額を請求することができる。:×)
  • 平成03年問11肢4(土地の売買が実測面積を表示し、単価を乗じて価格が定められている場合において、その面積が著しく不足していたとき、買主は、その善意悪意に関係なく契約を解除することができる:×)

>>年度目次に戻る

Written by 家坂 圭一 in: 平成03年過去問,民法 |

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005- 株式会社ビーグッド教育企画 All Rights Reserved.
Powered by WordPress | Aeros Theme | TheBuckmaker.com WordPress Themes