【宅建過去問】(平成25年問13)区分所有法

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して議決権を行使することができる。
  2. 区分所有者の請求によって管理者が集会を招集した際、規約に別段の定めがある場合及び別段の決議をした場合を除いて、管理者が集会の議長となる。
  3. 管理者は、集会において、毎年一回一定の時期に、その事務に関する報告をしなければならない。
  4. 一部共用部分は、区分所有者全員の共有に属するのではなく、これを共用すべき区分所有者の共有に属する。

正解:1

1 誤り

区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して意見を述べることができる(区分所有法44条1項)。
認められるのは意見陳述権だけである。本肢は、「議決権を行使することができる」が誤り。

■類似過去問(占有者の意見陳述権)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-13-1区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して議決権を行使することができる。×
208-14-2区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的たる事項につき利害関係を有する場合には、集会に出席して意見を述べ、自己の議決権を行使することができる。×
305-14-2区分所有者から専有部分を賃借している者は、集会の会議の目的である事項について利害関係を有するときは、集会に出席することができるが、議決権を行使することはできない。
402-14-3区分所有法には、賃借人に関する規定はない。×

2 正しい

集会においては、規約に別段の定めがある場合及び別段の決議をした場合を除いて、管理者又は集会を招集した区分所有者の1人が議長となる(区分所有法41条)。

■類似過去問(議長)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
127-13-1管理者が選任されていない場合、集会においては、規約に別段の定めがある場合及び別段の決議をした場合を除いて、集会を招集した区分所有者の1人が議長となる。
225-13-2区分所有者の請求によって管理者が集会を招集した際、規約に別段の定めがある場合及び別段の決議をした場合を除いて、管理者が集会の議長となる。

3 正しい

管理者は、集会において、毎年1回一定の時期に、その事務に関する報告をしなければならない(区分所有法43条)。

■類似過去問(事務の報告)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
128-13-1
管理者は、集会において、毎年2回一定の時期に、その事務に関する報告をしなければならない。
×
225-13-3管理者は、集会において、毎年一回一定の時期に、その事務に関する報告をしなければならない。

4 正しい

共用部分は、区分所有者全員の共有に属し、一部共用部分は、それを共用する区分所有者が共有するのが原則である(区分所有法11条1項)。

※規約で定めることにより、原則と異なる所有形態を定めることができる(同条2項)。したがって、特定の区分所有者の所有とすることも可能である。例えば、共用部分を管理者の所有とすることができ、これを管理所有という(同法27条1項)。

■類似過去問(共用部分の共有関係)
内容を見る
 年-問-肢内容正誤
125-13-4一部共用部分は、区分所有者全員の共有ではなく、共用すべき区分所有者の共有に属する。
217-14-1共用部分であっても、規約で定めることにより、特定の区分所有者の所有とすることができる。
306-14-1共用部分は、区分所有者全員の共有の登記を行わなければ、第三者に対抗することができない。×

>>年度目次に戻る

勝負の夏! 学習応援キャンペーン

願書の受付も完了し、学習に本腰を入れなければならないシーズンです。

学習意欲の高まった皆さまを支援するため、特別キャンペーンを開始しました。
13年分(平成16年~平成28年)の過去問解説が、10年分の価格でお求めいただけるチャンスです。
この機会をぜひ御活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です