【宅建過去問】(平成29年問09)相続


1億2,000万円の財産を有するAが死亡した。Aには、配偶者はなく、子B、C、Dがおり、Bには子Eが、Cには子Fがいる、Bは相続を放棄した。また、Cは生前のAを強迫して遺言作成を妨害したため、相続人となることができない。この場合における法定相続分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. Dが4,000万円、Eが4,000万円、Fが4,000万円となる。
  2. Dが1億2,000万円となる。
  3. Dが6,000万円、Fが6,000万円となる。
  4. Dが6,000万円、Eが6,000万円となる。

正解:3

設定の確認

法定相続人の決定

被相続人Aには、B、C、Dという3人の子がいます。
このうち、Bは相続を放棄しています。相続放棄により、Bは、初めから相続人とならなかったものとみなされます(民法939条)。初めから相続人ではなかったというのですから、Bの子Eが代襲相続することはできません。
一方、Cは、生前のAを強迫して遺言作成を妨害したことにより、相続の欠格事由に該当します(同法891条3号)。もちろん、Cは、Aを相続することができません。しかし、相続欠格者の子は、代襲相続することが可能です(同法887条2項)。したがって、Fも相続人です。
以上より、Aの相続人は、DとFということになります。

法定相続分の決定

代襲相続がなかったとすると、CとDが1/2ずつ相続したことになります。このうち、Cの相続分は、Fが代襲相続します。したがって、相続分は、Dが1/2、Fが1/2ということになります。具体的な金額でいえば、DとFがそれぞれ1億2,000万円の1/2、すなわち6,000万円ずつ相続します。

■類似過去問
内容を見る
民法[34]2&3
相続の計算問題
 年-問-肢内容正誤
129-06-1(Aが死亡し、相続人がBとCの2名であった。)①BがAの配偶者でCがAの子である場合と②BとCがいずれもAの子である場合とでは、Bの法定相続分は①の方が大きい。×
229-10-全計算問題
326-10-全計算問題
425-10-全計算問題
524-10-1計算問題
624-10-3計算問題
716-12-全計算問題
813-11-全計算問題
908-10-全計算問題
1002-11-1(Aが死亡し、相続人として、妻Bと子C・D・Eがいる。)Cが相続を放棄した場合、DとEの相続分は増えるが、Bの相続分については変わらない。
1101-11-全計算問題

>>平成29年の問題一覧へ

過去問徹底!スリー・ステップ教材の御案内

過去問の徹底分析から生み出された、「楽に」「確実に」合格するための教材。それが当社のスリー・ステップ学習教材です。
この教材は、学習の進行を三段階(スリー・ステップ)に分け、御自分に合った段階からスタートできるように設計されています。

[Step.1]基本習得編
学習の最初の段階、正しい知識を分かりやすい流れの中で学んでいく段階です。ここでは、DVDの講義を見て、合格に必要な基本知識を習得します。

[Step.2]実戦応用編
最初に一問一答式の問題集を解き、その後に解説講義を見ます。これにより、「Step.1で勉強した基礎知識が実際の本試験ではどのように出題されるか」、「選択肢の◯×を決める基準は何か」を身に付けます。

[Step.3]過去問演習編
年度別の本試験過去問を解き、その後に解説講義を見ます。学習の総仕上げとして、基本知識や解法テクニックを一層確実に、そして本試験で使えるレベルに仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です