【宅建過去問】(平成03年問33)統計

各選択肢の内容は、出題当時のままです。
受験対策用には、平成17年以降の問題をご利用ください。

宅地建物取引業に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、近年の不動産ブームにより急速に増加しており、現在の業者数は建設業とほぼ同じの約50万に達している。
  2. 宅地建物取引業者についても、法人化が進み、個人業者は、現在では約3割弱である。
  3. 宅地建物取引業者は、都道府県知事免許に係るものが圧倒的に多く、建設大臣免許に係るものは、1~2パーセントに過ぎない。
  4. 宅地建物取引業者は、他産業に比べて、零細なものが多い。

正解:1


>>年度目次に戻る

本試験『解説PDF』無料プレゼント受付中

令和4年本試験の解答速報や合格点予測に続いて、『本試験解説PDF』の無料プレゼントを受付中です。お早めにお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。